重賞レース

第35回 東京スプリント(JpnIII)

  • 2024年4月10日(水)
  • 20:10発走
第35回優勝馬:ジャスティン号

秋の東京盃(JpnII)と並ぶ1,200mのダートグレード競走です。スピード自慢の強豪馬が全国各地から集結するハイレベルのレースですが、TCK所属馬は直近5年のうち3回で3着以内に入る活躍を見せており、勝利に期待がかかります。
<1着馬・2着馬(地方所属馬に限る)にかしわ記念の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第35回 東京スプリント(JpnIII)>
    (4月3日現在)

    テイエムトッキュウ
    デビューから芝を走り、11戦目からはダートを中心に活躍しています。3勝クラス&リステッドを優勝。前走のカペラSは逃げ切り、ダート重賞初挑戦Vを飾りました。

    ギシギシ
    習志野きらっとスプリント&アフター5スター賞の勝ち馬です。東京スプリントは3年連続の参戦。2022年は重賞初挑戦で、JRAの強豪相手にハナ+クビの3着でした。

    ギャルダル
    2021年の東京ダービーは0秒1差の2着でしたが、現在は1600m以下に路線を転向。フジノウェーブ記念は連覇を達成しました。今回は自身初となる1200mに出走。

    ジャスティン
    JRA所属時は、2020年の東京スプリント&東京盃&カペラSを制しました。その後は世界の舞台にも挑戦。現在は大井に移籍し、自身4つ目となるタイトル獲得を目指します。

    リュウノユキナ
    交流重賞で大活躍してきた実力馬が船橋へ再移籍し、初戦を迎えます。東京スプリントは4年連続の参戦。2021&2023年は優勝し、2022年はハナ差の2着でした。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第35回 東京スプリント(JpnIII)>

    (4月9日現在)

    調教追い切り動画はこちら

    ■ギシギシ
    *大井 栗田裕光 厩舎 牡6歳
    *成績 27戦10勝2着4回
    *重賞タイトル
     アフター5スター賞(SIII)(2023)
     習志野きらっとスプリント(SI)(2022)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     重賞初挑戦だった2年前の東京スプリントは、同じ斤量だったJRAの強豪たちとハナ+クビ差の3着。それ以降は習志野きらっとスプリント&アフター5スター賞のタイトルを獲得しましたが、陣営はJRAとの交流重賞Vは狙い続けています。前走後は牧場での坂路調教を行い、3月上旬に帰厩後もしっかり乗り込んできたそうです。今回は4か月半ぶりの実戦。栗田裕光調教師は「馬はリラックスできていますが、去年以上に厳しい調教を積んで負荷はかけています。いい状態です」とコメント。好成績を残している舞台で、リベンジの一戦です。「2年前よりも馬自身のレベルは上がっているし、あの時以上のパフォーマンスを期待しています。勝ちたいですよ」と期待を込めました。

    ■ギャルダル
    *船橋 川島正一 厩舎 牡6歳
    *成績 21戦9勝2着6回
    *重賞タイトル
     フジノウェーブ記念(SIII)(2023・2024)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     3歳時は東京ダービー2着になるなど中距離でも活躍しましたが、現在は1400mから1600mを中心に走り、フジノウェーブ記念は2連覇を果たしました。今回は自身初となる1200mへの挑戦。矢野貴之騎手は「気持ちが前向きな馬なので、元々折り合いをどうつけるか乗っていました。前向きさで、どのくらいやってくれるか見てみたいですね」と話していました。川島正一調教師は「レースの選択肢を広げたいと思っていました。状態に関しては、最終追い切りの動きも抜群に良かったし、前回と同じようないいコンディションです」とコメント。最近はより堅実な走りが続いていますが、全国からスピード自慢たちが勢ぞろいをした初舞台でのパフォーマンスが非常に楽しみです。

    ■ジャスティン
    *大井 坂井英光 厩舎(小林) 牡8歳
    *成績 37戦9勝2着3回
    *重賞タイトル
     カペラS(GIII)(2020)
     東京盃(JpnII)(2020)
     東京スプリント(JpnIII)(2020)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     JRA時代は2020年の東京スプリント&東京盃&カペラSを制しました。そんな実績馬が大井の一員になり、今回が5戦目。坂井英光調教師は「牧場でしっかり乗り込み、3月上旬に(小林分厩舎)に帰厩しました。最終追い切りに乗った西(啓太騎手)は『めちゃめちゃいい!』と言っていたくらい、目標のここは万全に仕上げられたと思います。8歳でも馬は若いです」と好感触。さらに戦い方について「先行する割には、そんなにスタートの速い馬ではないので、しっかり決めて小さいアクションで、ある程度は前で競馬をさせたいですね。タイトルを取らせたいです」と話していました。ジャスティンが得意とする大井・1200mの舞台でVを狙います。

    <中央馬の顔ぶれ>

    ■アームズレイン
    *JRA 上村洋行 厩舎 牡4歳
    *成績 12戦5勝2着1回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     デビューからダート・芝の短距離で好走してきました。現在はダートに戻り、3歳以上2勝&3勝クラスを連勝すると、2走前のりんくうSは直線で力強く抜け出し、オープン初Vを飾りました。ダート重賞に初挑戦した前走の根岸Sは3連勝を飾ったエンペラーワケアの2着。自在な脚質を強みに、重賞初制覇を目指します。

    ■クロジシジョー
    *JRA 岡田稲男 厩舎 牡5歳
    *成績 25戦6勝2着4回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     勝ち上がるまでは4戦を要し、それ以降もコツコツと勝ち星を積み重ねています。今年に入り、オープン(ジャニュアリーS&令月S)を2連勝。父のフリオーソは今回騎乗する戸崎圭太騎手とともに大井のビッグレースを勝ってきました。そんな父の思い出深い場所で、息子が初タイトルを獲得できるか注目が集まります。

    ■テイエムトッキュウ
    *JRA 木原一良 厩舎 牡6歳
    *成績 16戦6勝2着2回
    *重賞タイトル
     カペラS(GIII)(2023)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     デビューから芝で走り初ダートの初春S(4歳上3勝クラス)を勝ち上がると、それ以降はダートを中心に活躍が続いています。ダート重賞に初挑戦した前走のカペラSは持ち前のスピードでスーッと先頭に立っていくと、直線ではさらにリードを広げ、3馬身差V。芝&ダートの6勝すべてが逃げ切りという快速馬が、初タイトルを手に、大井初登場!

    ■マルモリスペシャル
    *JRA 大橋勇樹 厩舎 牡5歳
    *成績 18戦5勝2着0回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     デビューから一貫してダートで走り、3走前のギャラクシーSでオープン初勝利をあげました。その後の兵庫ゴールドトロフィーは勝ち馬から0秒2差の4着になるなど、重賞&地方コースでもキャリアを重ねています。大井は初出走ですが、コースを知り尽くす御神本訓史騎手のエスコートで、どんな一面を見せるでしょうか!

    ■ヘリオス
    *JRA 西園正都 厩舎 セ8歳
    *成績 38戦8勝2着8回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     JRA勢では重賞キャリアが一番豊富な馬で、ここまで重賞出走は18回です。2着は2022年の南部杯など6回、3着はJBCスプリント(盛岡)など2回。惜しくもタイトルは逃していますが、高い実力は示し続けています。大井は昨年の東京盃以来となる2度目の参戦。主戦の武豊騎手を背に、8歳にして悲願の重賞初Vを狙います。

    *東京スプリントの情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第35回 東京スプリント(JpnIII)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■ギシギシ
    大井4/5重 1000m-64.2秒 800m-50.0秒 600m-36.7秒 強めに
    ■ギャルダル
    船橋4/6良 1000m-68.3秒 800m-48.3秒 600m-35.7秒 強めに
    ■ジャスティン
    小林4/5不 1000m-68.5秒 800m-51.8秒 600m-37.5秒 馬なり
    ■アームズレイン
    栗東4/3CW良 1200m-96.4秒 1000m-65.6秒 800m-51.5秒 600m-36.2秒 200m-11.3秒 一杯追
    ■クロジシジョー
    栗東4/6坂路 800m-56.3秒 600m-39.9秒 200m-12.0秒 強めに
    ■テイエムトッキュウ
    栗東4/5坂路 800m-52.8秒 600m-37.4秒 200m-12.0秒 馬なり
    ■マルモリスペシャル
    栗東4/6坂路 800m-55.8秒 600m-39.7秒 200m-11.7秒 一杯追
    ■ヘリオス
    栗東4/6坂路 800m-56.2秒 600m-40.7秒 200m-13.1秒 馬なり
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    35 令6 ジャスティン 牡8 西 啓太
    34 5 リュウノユキナ 牡8 横山 武史
    33 4 シャマル 牡4 川須 栄彦
    32 3 リュウノユキナ 牡6 柴田 善臣
    31 2 ジャスティン 牡4 坂井 瑠星
    30 平31 キタサンミカヅキ 牡9 森 泰斗
    29 30 グレイスフルリープ 牡8 武 豊
    28 29 キタサンサジン 牡5 内田 博幸
    27 28 コーリンベリー 牝5 松山 弘平
    26 27 ダノンレジェンド 牡5 丸田 恭介
    25 26 ノーザンリバー 牡6 蛯名 正義
    24 25 ラブミーチャン 牝6 戸崎 圭太
    23 24 セイクリムズン 牡6 岩田 康誠
    22 23 セレスハント 牡6 福永 祐一
    21 22 スーニ 牡4 川田 将雅
    20 21 ゼンノパルテノン 牡7 内田 博幸
    19 21 フジノウェーブ 牡7 御神本 訓史
    18 20 ベルモントストーム 牡7 石崎 隆之
    17 19 フジノウェーブ 牡5 御神本 訓史
    16 18 ベルモントファラオ 牡7 御神本 訓史
    15 17 ブルーローレンス 牡4 的場 文男
    14 16 ブラウンシャトレー 牡7 張田 京
    13 15 ハタノアドニス 牡7 内田 博幸
    12 14 フレアリングマズル 牡4 的場 文男
    11 13 サプライズパワー 牡7 石崎 隆之
    10 12 アローセプテンバー 牡5 左海 誠二
    9 11 カガヤキローマン 牡6 森下 博
    8 10 セントリック 牡5 宮浦 正行
    7 9 アマゾンオペラ 牡6 石崎 隆之
    6 8 ヒカリルーファス 牡4 早田 秀治
    5 7 ブルーファミリー 牡5 早田 秀治
    4 6 ハナセール 牡6 高橋 三郎
    3 5 ウエルテンション 牡5 久保田 信之
    2 4 テツノヒリユウ 牡9 鷹見 浩
    1 3 ダイコウガルダン 牡6 早田 秀治