重賞レース

第24回 ジャパンダートダービー(JpnI)

  • 2022年7月13日(水)
  • 20:10発走
第23回優勝馬:キャッスルトップ号

羽田盃、東京ダービーと続いた南関東3歳クラシック三冠レースの最終関門です。地方・JRA共にトップクラスの3歳馬が結集する「砂のダービー」は、これまでにトーシンブリザード、カネヒキリ、フリオーソ、サクセスブロッケンなど数多くの名馬を送り出しています。近年は早い時期からダートの頂点を目指すJRA所属馬も多く、全国から大きな注目が集まります。

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第24回 ジャパンダートダービー(JpnI)>
    (7月5日現在)

    カイル
    南関東3歳馬の頂点を決める東京ダービー優勝馬。浦和生え抜きで、南関東牝馬二冠馬トーセンガーネットの半弟。堅実に走ってきた馬が、ダートグレード競走初挑戦!

    ガルボマンボ
    川崎で走っていたクロフネマンボの愛息。高知優駿は船橋所属だった林謙佑騎手(現・高知)とのコンビで、道中4,5番手から直線に入って先頭に立つと押し切りました。

    バウチェイサー
    エスポワールシチー産駒で重賞3勝。前走の兵庫ダービーは2番手から直線で抜け出し後続に4馬身差をつける完勝。ダートグレード競走出走キャリアもあり。

    セキフウ
    兵庫ジュニアグランプリの勝ち馬で、サウジダービーは2着。海外遠征明けだった前走のユニコーンSは35秒台の脚を繰り出し内から追い込みタイム差なしの2着でした。

    ハピ
    ダート1800m3戦3勝で、全てメンバー最速の上がり。前走の3歳オープン・鳳雛ステークスも完勝しました。重賞&地方コース初挑戦ですが、未知の魅力たっぷりです。

    ブリッツファング
    ホッコータルマエ産駒。前走の兵庫チャンピオンシップは道中4番手から、3~4コーナーで先頭に変わると力強く引き離して後続に8馬身差をつける圧勝でした。

    ペイシャエス
    エスポワールシチー産駒。前走のユニコーンSは4番手追走、直線で馬群から抜け出し混戦を制しました(7番人気)。初タイトルを引っ提げ、JpnⅠ取りを目指します。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    23 令3 キャッスルトップ 牡3 仲野 光馬
    22 2 ダノンファラオ 牡3 坂井 瑠星
    21 令元 クリソベリル 牡3 川田 将雅
    20 平30 ルヴァンスレーヴ 牡3 M.デムーロ
    19 29 ヒガシウィルウィン 牡3 本田 正重
    18 28 キョウエイギア 牡3 戸崎 圭太
    17 27 ノンコノユメ 牡3 C.ルメール
    16 26 カゼノコ 牡3 秋山 真一郎
    15 25 クリソライト 牡3 内田 博幸
    14 24 ハタノヴァンクール 牡3 四位 洋文
    13 23 グレープブランデー 牡3 横山 典弘
    12 22 マグニフィカ 牡3 戸崎 圭太
    11 21 テスタマッタ 牡3 岩田 康誠
    10 20 サクセスブロッケン 牡3 横山 典弘
    9 19 フリオーソ 牡3 今野 忠成
    8 18 フレンドシップ 牡3 内田 博幸
    7 17 カネヒキリ 牡3 武 豊
    6 16 カフェオリンポス 牡3 柴田 善臣
    5 15 ビッグウルフ 牡3 武 豊
    4 14 ゴールドアリュール 牡3 武 豊
    3 13 トーシンブリザード 牡3 石崎 隆之
    2 12 マイネルコンバット 牡3 大西 直宏
    1 11 オリオンザサンクス 牡3 早田 秀治