重賞レース

第28回 マイルグランプリ(SII)

  • 2021年8月5日(木)
  • 20:10発走
第27回優勝馬:ミューチャリー号

スピードと持久力のバランスが試される1マイル(1,600m)戦で、過去の優勝馬には南関東を代表する数多くの実力馬が名を連ねています。
<上位2頭に日本テレビ盃の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第28回 マイルグランプリ(SII)>
    (7月28日現在)

    モジアナフレイバー
    人気実力実績いずれも図抜けた存在。前走の川崎マイラーズは、大きく躓き最後方から進めるも徐々に進出し、最後は力でねじ伏せるかのように差し切って圧倒したばかり。

    グレンツェント
    中央時代は東海Sを制覇。南関東へ移籍後も、昨年は川崎マイラーズとスパーキングサマーカップの2つの川崎マイル重賞を優勝しました。抜群の安定感が光ります。

    ワークアンドラブ
    大井マイル重賞2勝で、2年前のマイルグランプリと昨年のサンタアニタトロフィー制覇。気分屋ですが能力は一級品。この馬のリズムで走れるかどうかが鍵を握ります。

    サンロアノーク
    中央未勝利から南関東へ移籍し5連勝を挙げ、その後もコツコツと走り続けています。前走のマイルグランプリトライアルは逃げ粘って2着になり、優先出走権を獲得。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第28回 マイルグランプリ(SII)>

    (8月3日現在)

    調教追い切り動画はこちら

    ■モジアナフレイバー
    *大井 福永敏 厩舎(小林) 牡6歳
    *成績 22戦10勝2着0回
    *重賞タイトル
     川崎マイラーズ(SIII)(2021)
     勝島王冠(SII)(2018・2019)
     大井記念(SI)(2019)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     人気・実力・実績ピカイチのモジアナフレイバーが満を持して参戦してきます。ここまでの重賞レースは4勝ですが、昨年は日本レコードが更新された南部杯で、自身も従来のタイムを上回るタイムで3着になるなど、全国区で活躍しています。

     前走の川崎マイラーズは、これまでコンビを組んできた繁田健一騎手が調教師になったため、真島大輔騎手との新コンビ。

     スタートで大きく躓き後方から進めていくも、向正面から進出し、3コーナー付近では中団の内から、4コーナーでは間を割って4番手に押し上げ、37秒9のメンバー中最速の脚で差し切りました。勝ちタイムは1600m1分39秒5(良)。

     最初は躓いても、真島騎手にエスコートされた通りに、ひるむことなく自在に動けていた走りは本当にすばらしく、勝ちっぷりが圧巻でした。

     「厩舎サイドの仕上げも良かったですし、繁田さんからいろいろアドバイスをもらって、いろんなことを細かく教えてもらっていたので、それもレースにつながったと思います。今まで繁田さんが競馬を教えているので、馬がちゃんと知っています。出遅れてあの形になっても、馬は落ち着いて慌てないし、動きたい時に動けました」(真島騎手)。

     あまり間隔をつめない方がいいタイプであることから、この中間は千葉県のノースショアリハビリランチでのリフレッシュ放牧を挟み、6月中旬には帰厩。

     「最終追い切りは、馬場などいろんな面を考慮して、初めて中3日でやりました。真島騎手が乗りに来てくれて、『時計は出していないけど一生懸命走る馬なのでちょうどいい内容だったということや、仕掛ければギアが変わりそうだった』と言っていました。

     大井の1600m戦は新馬戦以来ですが、川崎のきついコーナーにも対応しているし、この舞台が得意な馬もいますが、モジアナは南部杯の厳しいペースも味わっています。

     前回のゲートに関しては、モジアナに聞いてみないとわからないですが、頭のいい馬なので、繁田騎手から真島騎手に初めて変わって微妙な変化を感じ取ったのかもしれませんが、今回はちゃんと出て欲しいですね。

     真夏のレースは初めてですが、良い走りをして、秋につなげていきたいと思っています」(福永敏調教師)。

    ■グレンツェント
    *大井 藤田輝信 厩舎 牡8歳
    *成績 34戦9勝2着6回
    *重賞タイトル
     スパーキングサマーカップ(SIII)(2020)
     川崎マイラーズ(SIII)(2020)
     東海テレビ杯東海S(GII)(2017)
     レパードS(GIII)(2016)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     中央時代も含めると4つのタイトルを獲得している実力馬。中央から南関東へ移籍したのは2年前の秋で、それ以降はマイル戦を中心に、安定感は抜群です。

     7月7日に川崎競馬場で行われた橘(たちばな)オープン(1500m)は、森泰斗騎手が手綱を取り1番人気に応えて優勝しました。道中は内の3、4番手から、4コーナーで外に持ち出すと、そのままキッチリと差し切り。勝ちタイムは1500m1分34秒7(重)。

     「最近はなかなか勝っていなかったので、オープン特別では格の違いを見せられて良かったです。内側に閉じ込められる形になって、スローペースにはまりキツイ競馬にはなりましたが、馬の底力に助けられました。今日は勝てたというのが一番です」(森騎手)。

     引き続き、藤田厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームで調教を積み、このマイルグランプリに向けてきました。マイルグランプリは2年連続の参戦で、一昨年はワークアンドラブ、昨年はミューチャリーの、それぞれ僅差の2着。

     「変わらず仕上がりはいいです。大井の1600m戦はずっと2着(マイルグランプリ2年連続と昨年のサンタアニタトロフィー)ですが、相性自体はいいし、今回は内枠を引けたので、相手は強いですが頑張って欲しいです」(藤田輝信調教師)

    ■ワークアンドラブ
    *大井 荒山勝徳 厩舎(小林) 牡6歳
    *成績 37戦9勝2着5回
    *重賞タイトル
     サンタアニタトロフィー(SIII)(2020)
     マイルグランプリ(SII)(2019)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     幅広い距離で走っていますが、大井1600m戦は5戦4勝と相性は抜群。気の難しさで走りにムラはありながらもポテンシャルの高さに定評はあり、重賞2勝も大井1600m戦。一昨年のマイルグランプリ、昨年のサンタアニタトロフィーで、それぞれ逃げ切り勝ちを収めています。

     これまで逃げて持ち味を発揮している馬ですが、前走の川崎マイラーズは2番手から、3コーナーではコンビを組む笹川翼騎手のステッキも入り激しく追われながら最後までやめず、モジアナフレイバーに交わされても、前にいたファルコンビークを抜いて2着でした。

     「笹川騎手は、『2番手からで全然ハミを取らなかったので、ハナに行っていればまた違ったと思います』と言っていました。

     ここに向けては厩舎調整で体調自体は問題ありませんが、今回の最終追い切りではまたピタッと止まって動かなくなって気の難しさを出しました。そういう癖を出してもレースでは走ってきていますが、ゲートまでたどり着いて蓋を開けてみないとわからない馬です。右回りの方が走りやすいようですし、あとは自分のペースで気分良く走れるかどうか」(荒山勝徳調教師)。

    ■サンロアノーク
    *大井 福田真広 厩舎(小林) 牡5歳
    *成績 27戦6勝2着7回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     中央未勝利で南関東入りすると、デビューから12戦目で初勝利挙げ、そこから5連勝。その後もコツコツと走り続けながらA1クラスまで上り詰めました。

     2走前の北海道スプリントカップは14着でしたが、前走のマイルグランプリトライアルは今野忠成騎手と初めてコンビを組み2着。

     逃げて、最後の直線でコズミックフォースに交わされるもまたそこから盛り返そうとして踏ん張りました。タイムは1600m1分39秒0(不良)。「レースを見ていると気難しそうな馬でしたが、今日はそれなりの形で走れたかなぁと思います」(今野騎手)。

     ここは優先出走権をつかんでの参戦です。

     「北海道スプリントカップへ遠征できたことは、苦しい競馬になりましたが、とてもいい経験になりました。体は余分なものが取れて引き締まったし、気性も成長してきて、状態はとてもいいです。

     レースは行ってこその馬なので、この馬の持ち味が発揮できれば。乗り難しい馬なので、癖をつかんだ今野騎手が続けて乗ってくれることはプラスですし、強敵はいますが期待を持って送り出します」(福田真広調教師)。

    *マイルグランプリの情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第28回 マイルグランプリ(SII)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■モジアナフレイバー
    小林8/1稍 1000m-68.7秒 800m-51.6秒 600m-37.3秒 馬なり
    ■グレンツェント
    牧場7/31坂路 600m-38.1秒 200m-12.1秒 強めに
    ■ワークアンドラブ
    小林8/1坂路 400m-23.7秒 200m-11.8秒 強めに
    ■サンロアノーク
    小林7/30良 1200m-79.5秒 1000m-62.0秒 800m-47.2秒 600m-35.3秒 強めに
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    27 令2 ミューチャリー 牡4 御神本 訓史
    26 令元 ワークアンドラブ 牡4 笹川 翼
    25 平30 クリスタルシルバー 牡3 岡部 誠
    24 29 セイスコーピオン 牡7 赤岡 修次
    23 28 セイスコーピオン 牡6 森 泰斗
    22 27 ソルテ 牡5 吉原 寛人
    21 26 セイントメモリー 牡7 本橋 孝太
    20 25 トーセンアドミラル 牡6 川島 正太郎
    19 24 ピエールタイガー 牡4 真島 大輔
    18 23 ボク 牡6 A.ムンロ
    17 23 中止 -- ------
    16 22 クレイアートビュン 牡6 的場 文男
    15 21 ロイヤルボス 牡5 張田 京
    14 20 デスモゾーム 牡4 真島 大輔
    13 19 フジノウェーブ 牡5 御神本 訓史
    12 18 アジュディミツオー 牡5 内田 博幸
    11 17 ナイキアディライト 牡5 石崎 駿
    10 16 ブラウンシャトレー 牡7 張田 京
    9 15 ベルモントアクター 牡7 石崎 隆之
    8 14 フレアリングマズル 牡4 的場 文男
    7 13 アローセプテンバー 牡6 張田 京
    6 12 インテリパワー 牡5 張田 京
    5 11 ゴールドヘッド 牡4 的場 文男
    4 10 アブクマポーロ 牡6 石崎 隆之
    3 9 コンサートボーイ 牡5 内田 博幸
    2 8 コンサートボーイ 牡4 石崎 隆之
    1 7 アマゾンオペラ 牡4 石崎 隆之