重賞レース

第4回 ブリリアントカップ(SIII)

  • 2021年4月13日(火)
  • 20:10発走
第4回優勝馬:フィアットルクス号

5月に行う「大井記念」のトライアル競走として、2018年から重賞に格上げとなりました。2019年からは2,000mから1,800mへと距離が変更され、中距離だけでなくマイルの有力馬も参戦。トゥインクルレース開幕を飾る最初の重賞レースとして注目が集まります。
<上位2頭に大井記念の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第4回 ブリリアントカップ(SIII)>
    (4月6日現在)

    フィアットルクス
    中央未勝利で大井へ移籍以降13勝を挙げて、ついに重賞へ初挑戦!前走のブリリアントカップトライアルは、久しぶりに逃げる形になりながらも圧勝。最大の上がり馬。

    キャプテンキング
    2017年の羽田盃馬で、4歳から5歳にかけては重賞4連勝。前走のフジノウェーブ記念は1年8か月振りの復活の勝利を飾ったばかりで、地力の高さを示しました。

    エメリミット
    船橋生え抜き、昨年の東京ダービー馬。勝ち星からは遠ざかっていますが、使いながら良化中。前走は勝負所では力の入る内容(5着)で復調を期待させています。

    ゴールドホイヤー
    川崎生え抜き、昨年の羽田盃馬。骨折があり休養していた時期もありましたが、前走の報知グランプリカップは古馬重賞をモノにして改めて能力の高さを見せました。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第4回 ブリリアントカップ(SIII)>

    (4月12日現在)

    調教追い切り動画はこちら

    ■キャプテンキング
    *大井 的場直之 厩舎 牡7歳
    *成績 24戦8勝2着3回
    *重賞タイトル
     フジノウェーブ記念(SIII)(2019・2021)
     川崎マイラーズ(SIII)(2019)
     ブリリアントカップ(SIII)(2019)
     ゴールドカップ(SII)(2018)
     羽田盃(SI)(2017)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     中央から移籍し、4年前の羽田盃を制覇。古馬になってからも2年前のフジノウェーブ記念を含む重賞4連勝を挙げたこともありますが、暑さが非常に苦手なことや蹄の不安などで順調さを欠くこともあり、最近では間隔を空けながら、勝ち星からも遠ざかっていました。

     前走のフジノウェーブ記念は和田譲治騎手とのコンビで、5、6番手からの差し切りを決め、ライバルたちを力でねじ伏せるかのように完勝。この馬の地力の高さをまざまざと感じさせた一戦で、復活の勝利でした。

     「スタートもよく、前に行く馬たちの後ろにつけられて、いい位置を取れました。終いもしっかり伸びてくれて、完璧な騎乗ができたと思います。背中もいいしパワーもあるし、元々の力がある馬ですね」(和田騎手)。

     その後は京成盃グランドマイラーズとブリリアントカップという選択肢があったそうですが、2年前に勝っているこのブリリアントカップへ。

     「4連勝していた頃に比べると途上ですが、いい頃に近づいていると思います。暑さもまだ大丈夫なので毛づやもいいですしね。1800mは気持ち長いかなという感じもしますが、これまでも結果は出しているし、ポテンシャルはすばらしいものがある馬なので。前走くらい走ってくれればと期待しています」(的場直之調教師)。

    ■ゴールドホイヤー
    *川崎 岩本洋 厩舎 牡4歳
    *成績 11戦6勝2着0回
    *重賞タイトル
     報知グランプリカップ(SIII)(2021)
     羽田盃(SI)(2020)
     雲取賞(SIII)(2020)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     こちらは昨年の羽田盃馬。東京ダービー(5着)直後に骨折が判明し、またそこから復活!!!

     前走の報知グランプリカップは百戦錬磨の古馬たちを打ち破り、再び重賞のタイトルを獲得しました。山崎誠士騎手が手綱を取り、外の3番手を進めていくと、最後の直線ではまとめて一気に抜き去る内容。

     陣営は若馬の頃からスケールの大きさを口にしてきたことを改めて証明した形で、今後は帝王賞などの交流レースも見据えたい馬であることを岩本洋調教師も言っています。

     「最近は馬にズブさも出てきたのかなぁと思っていましたが、今回の最終追い切りではちょっと気合を入れた程度でしたが、前回以上の動きで、元気も出てきています。同じくらい走れると思いますよ。この条件はいいし、前々で進めて、この馬の力を出したいですね」(岩本調教師)。

    ■リンゾウチャネル
    *船橋 矢野義幸 厩舎 牡5歳
    *成績 26戦11勝2着6回
    *重賞タイトル
     楠賞(2019)
     王冠賞(H2)(2019)
     北海優駿(H1)(2019)
     北斗盃(H2)(2019)
     ジュニアグランプリ(M1)(2018)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     リンゾウチャネルは2年前のホッカイドウ競馬の3冠馬で、その年のNARグランプリ3歳最優秀牡馬も受賞。南関東へ移籍し約1年が経ち、(南関東の)重賞勝ちはないものの、堅実な走りが続いています。

     前走のダイオライト記念は道中内の3、4番手から進め、地方馬最先着の5着。「スタンド前でグーッとムキになりましたが、それでもこの一線級の中で5着に粘れるので力はありますね。もっと早く流れる1800m戦くらいの方が、もう少し楽にリラックスして走れて、最後の伸びもいいと思います」とコンビを組んだ酒井忍騎手。

     今回は久しぶりの大井コースなので、走り慣れている右回り、距離も2400mから1800mへと600m距離が短縮。この馬の力を再確認する上でも条件はそろいました。

     「具合は変わらずにいいし、今回は地方馬同士なので、何とかタイトルを取らせてあげたい馬です」(矢野義幸調教師)。

     プロ野球のシーズンも開幕し、矢野調教師が大好きな阪神タイガースもセ・リーグ首位と絶好調!矢野厩舎所属馬の多くが虎メンコを着用していることでも有名ですが、そんな出で立ちのリンゾウチャネルも、どんな走りを見せるでしょうか!

    ■フィアットルクス
    *大井 藤田輝信 厩舎 牡6歳
    *成績 24戦13勝2着2回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     前走のA2以下によるブリリアントカップトライアルでは、本橋孝太騎手を背に逃げ切り勝ちを収め、他馬を圧倒。ここに向けての優先出走権を獲得しました。

     「初めて跨らせてもらった時よりも、馬が良くなっていて、先生や厩務員さんがすごくケアをしてくれているんだなぁと実感できます。器用さがあって操縦性もあるので、距離はもっと長くてもいいくらいです。次の重賞も期待しています」と、レース後の本橋騎手。

     中央未勝利から南関東へ移籍し、コツコツと走り続け、すでに13勝。飛ぶ鳥を落とす勢いで重賞に初挑戦する最大の上がり馬です。

     「レース後の疲れは一瞬ありましたが、回復して順調に調教を積むことができました。A2なので斤量も2キロ差で出られます。気持ちの強い馬で、勝負根性がセールスポイントですね。やれる時計もあるし楽しみにしています」(藤田輝信調教師)。

    *ブリリアントカップの情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第4回 ブリリアントカップ(SIII)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■キャプテンキング
    大井4/9稍 1000m-72.2秒 800m-57.6秒 600m-42.6秒 馬なり
    ■ゴールドホイヤー
    川崎4/8右良 1000m-65.7秒 800m-50.9秒 600m-37.8秒 G前強
    ■リンゾウチャネル
    船橋4/10右良 1200m-78.1秒 1000m-63.3秒 800m-49.9秒 600m-36.9秒 強めに
    ■フィアットルクス
    大井4/9稍 1000m-66.3秒 800m-51.9秒 600m-38.7秒 馬なり
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    4 令3 フィアットルクス 牡6 本橋 孝太
    3 2 ストライクイーグル 牡7 御神本 訓史
    2 平31 キャプテンキング 牡5 坂井 英光
    1 30 リッカルド セ7 矢野 貴之