重賞レース

第8回 優駿スプリント(SII)

  • 2018年6月26日(火)
  • 20:10発走
第7回優勝馬:バンドオンザラン号

3歳限定のスプリント重賞として2011年から新設しました。古馬の短距離路線の充実により、早い段階から短距離のスペシャリストを目指す若駒たちの新しい目標となるレース。2015年からグレードをSIIに格上げして実施しています。
<優勝馬に習志野きらっとスプリント、上位2頭にアフター5スター賞の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第8回 優駿スプリント(SII)>

    アヴァレソー
    前走の川崎競馬場で行われた優駿スプリントトライアルは、初騎乗の酒井忍騎手を背に、持ち前のスピードを生かしてハナを切ると、そのまま押し切り圧勝しました。1000m以下では負けなし。優駿スプリントでも自分の形に持ち込みたいところ。

    ラルウア
    父はノボジャック、母が北海道と兵庫で長きに渡って走ったトキノナイスの初仔。スピードを身上にし、大井競馬場の1200m戦を中心に、前走の優駿スプリントトライアルは的場文男騎手にエスコートをされて、逃げ切り勝ちを収めました。

    ヴィブラビ
    母のショウリダバンザイは桜花賞とロジータ記念などを優勝している実力馬で、初仔から絶対的なスピードのあるヴィブラビが誕生。大井競馬場1200m戦は2勝2着1回。前走の優駿スプリントトライアルは5番手から脚を伸ばして2着でした。

    ミスターバッハ
    クラウンカップ2着など重賞戦線で強い馬たちと戦ってきました。南関東では初めての1200m戦。北海道時代の重賞イノセントカップ(1200m)では、のちの羽田盃馬ヤマノファイトとタイム差なしの2着に入ったこともあり、興味深い出走。

    レベルスリー
    中央時代の1勝は中山競馬場のダート1200m戦。南関東に移籍以降はもう少しの成績でしたが、前走の夏木立賞(1400m)は距離を短縮し、古馬たちを一蹴したシーンは圧巻でした。素質馬が短距離戦へ転向し、本領発揮となるでしょうか?!

    シングンレガシイ
    母は北海道の名牝リードスキー、半兄は南関東重賞戦線で大活躍したロイヤルボス。デビューから強い馬たちと対戦しながら、一度も掲示板を外さずに安定して力を出してきたのもこの馬の強さでしょう。新馬戦以来となる1200m戦への出走。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 高橋華代子のレースレポート

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    7 平29 バンドオンザラン 牡3 赤岡 修次
    6 28 エイシンヒート 牡3 矢野 貴之
    5 27 ルックスザットキル 牡3 早田 功駿
    4 26 アピア 牡3 御神本 訓史
    3 25 ハードデイズナイト 牝3 山崎 誠士
    2 24 ゴールドキャヴィア 牝3 御神本 訓史
    1 23 ミヤサンキューティ 牝3 真島 大輔