重賞レース

第64回 大井記念(SI)

  • 2019年5月22日(水)
  • 20:10発走
第64回優勝馬:モジアナフレイバー号

レース名は、1950年の大井競馬場開設に由来します。2013年までは、国内でもっとも長い2,600mで争われるダート重賞でしたが、2014年からは6月の帝王賞のステップレースとして、距離を2,000mに変更。昨年にはグレードを「SII」から「SI」に格上げして実施しています。
<上位2頭に帝王賞の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第64回 大井記念(SI)>

    サウンドトゥルー
    中央ダート界の雄が現在は南関を盛り上げています。金盃は移籍後初勝利。前走のブリリアントカップ(8着)は案外な結果に終わりましたが巻き返しは必至。

    センチュリオン
    昨年のマーチS優勝馬。南関移籍初戦の武蔵国オープンは3番手から早め先頭に立つ内容で快勝したばかり。これからこの路線でどんな存在になっていくでしょう。

    タービランス
    3年前の羽田盃馬で、2走前の報知グランプリカップはそれ以来となる2年10か月ぶりの重賞制覇。前走ブリリアントカップは優勝馬キャプテンキングにクビ差の2着。

    ヒガシウィルウィン
    2年前のNARグランプリ年度代表馬などを受賞した地方生え抜きの大将。最近はあと一歩で涙を呑んでいますが、南関同士では掲示板を外さず抜群の安定感を誇ります。

    リッカルド
    昨年の大井記念優勝。中央から移籍後、飛ぶ鳥を落とす勢いで1400mから2000mの距離で重賞4連勝を飾りました。今回はリセットしリフレッシュ放牧明け。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第64回 大井記念(SI)>

    (5月20日現在)

    調教インタビュー動画・調教追い切り動画はこちら

    ■タービランス
    *浦和 水野貴史 厩舎 牡6歳
    *成績 20戦11勝2着5回
    *重賞タイトル
     報知グランプリカップ(SIII)(2019)
     羽田盃(SI)(2016)
     京浜盃(SII)(2016)
     サンライズカップ(H2)(2015)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     3年前の羽田盃馬。北海道と南関東で走っている馬ですが、再移籍以降3戦を走り、どのレースもすばらしいパフォーマンスを見せています。

     報知オールスターカップは優勝したヤマノファイトからハナ差の2着。続く、報知グランプリカップは快勝。前走のブリリアントカップは超豪華メンバーが集った中、優勝したキャプテンキングからクビ差の2着。遡ってみても、デビューしてから中央遠征とダートグレード競走以外は一度も4着以下がありません。

     前走後はここを目標に取り組んできたそうで、5月17日の浦和競馬場で実施された最終追い切りもパワフルな動きを見せていました。

     調教パートナーの寺島憂人騎手は、「前よりも真面目になってきて、1頭でもこれだけ動けるようになりました。競馬で抜け出すとフワフワするところがあるので、直線もしっかり追うように心がけました。跳びもいいし乗っていても疲れない安定した乗り味の馬です」(寺島騎手)。

     この大井記念も抜群の安定感からどんな走りを見せるでしょうか。今回は主戦の森泰斗騎手が騎乗します。

     「前走は最後に差されてしまいましたが、重賞を連勝している馬とマッチレースができたのはよかったと思います。今回も同じ走り慣れたコースですし、距離も問題はありません。力を毎回出してくれる馬なので好レースを期待しています」(水野貴史調教師)。

     担当は新潟時代にロバリーハートやイブキクラッシュなどを手掛けた横山厩務員です。

    ■センチュリオン
    *浦和 小久保智 厩舎 牡7歳
    *成績 29戦9勝2着6回
    *重賞タイトル
     マーチS(GIII)(2018)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     現在の南関東は中央からやって来た馬たちが重賞レースでも多く活躍しています。今回はセンチュリオンが南関重賞初挑戦。昨年のマーチS覇者で、白山大賞典2着、名古屋グランプリ4着など、ダートグレード競走で活躍してきました。

     南関東初戦は前走の武蔵国オープン(浦和・2000m)で、3番手から進め、4コーナー手前から先頭に立ってそのまま押し切る貫禄勝ち。

     その後はこの大井記念に向けてトレーニングを続けてきたそうです。調教パートナーで元騎手の橋尚也厩務員は、「素直で乗りやすい馬ですね。普段はとぼけるようなところもあって実戦型です。一度使ったことで跳びも素軽くなってスッキリしました。浦和よりも大井の広いコースの方が走りやすいと思います」(橋厩務員)。

     これからセンチュリオンが南関重賞戦線においてどんな存在になっていくのでしょうか。

     「前走はそこまでビッシリ仕上げたつもりではなかったですが完勝でしたね。道中もフワフワ遊んでいる感じでした。右回りの方が手前の替え方もスムーズなので、もっといいパフォーマンスを見せられると思います。最終追い切りは軽い動きで上積みを感じます」(小久保智調教師)。

     担当はサトノタイガーなどの池田厩務員です。

     小久保厩舎は昨年の東京記念の覇者シュテルングランツと2頭出し。

    ■サウンドトゥルー
    *船橋 佐藤裕太 厩舎 セ9歳
    *成績 55戦11勝2着11回
    *重賞タイトル
     金盃(SII)(2019)
     JBCクラシック(JpnI)(2017)
     チャンピオンズカップ(GI)(2016)
     東京大賞典(GI)(2015)
     日本テレビ盃(JpnII)(2015)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     ダートグレード競走のトップで走り続けてきたビッグネーム、サウンドトゥルー。中央から南関に移籍以降は4戦を走り、金盃は移籍後初勝利を挙げて、自身にとって久しぶりの肩掛けを獲得しました。後方2番手から進出し、最後に差し切る圧巻の内容。

     「今年9歳ですが、体のハリはあるし馬は若いですね」と、ナイキマドリードやスアデラなどを手掛けてきた舟山厩務員。

     しかし、前走のブリリアントカップは1番人気に推されていましたが、まさかの8着。最後方から進出していくも……。

     「最近は長丁場で後ろから差す競馬をしてきたので、1800mの流れになってペースに乗り切れていないように思いました。もう少し前の競馬をイメージしていたのですが、あの後ろからでは厳しかったです」(佐藤裕太調教師)。

     その後は仕上げの部分も見つめ直して、いつも以上の調教を積んできたそうですが、負荷をかけてもへこたれないタフさで、ここに向けてきたそうです。

     「前走は不完全燃焼だったので、この馬らしい走りを見せたいですね。今回はもう少し前目を意識した競馬にはなると思います。サウンドトゥルーとリッカルドの2頭が走りますが、どちらにも勝って欲しいです」。

    ■ヒガシウィルウィン
    *船橋 佐藤賢二 厩舎 牡5歳
    *成績 25戦8勝2着10回
    *重賞タイトル
     サンタアニタトロフィー(SIII)(2018)
     ジャパンダートダービー(JpnI)(2017)
     東京ダービー(SI)(2017)
     京浜盃(SII)(2017)
     ニューイヤーカップ(SIII)(2017)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     2年前のNARグランプリ年度代表馬などを受賞したヒガシウィルウィン。地方生え抜きのトップホースとして活躍を続けています。

     改めてヒガシウィルウィンの戦績を見てみました。北海道時代から含めて25戦を走り、着外はダートグレード競走G1&Jpn1の2戦のみで、あとは掲示板を外していません。どんな相手とでもどんな条件でも堅実に走り続けるところも、この馬の強さです。

     前走のブリリアントカップは2番人気に推されながらも4着に敗れました。

     「道中は力んで走っていて、3コーナーでは苦しがって内にささっていました。勝負所から真っすぐに走ってくれていればまた違ったと思います。ハミ受けは簡単に直せるものではありませんが、この中間はその部分を本田君(本田正重騎手)にも伝えて、ハミ受けを課題に置いてきました。

     最終追い切りの時計はもう少し出てもよかったですが、動きもよかったし、状態自体は悪くはありません。内に入ると伸びきれないところがあるので、大外に出してでも外から上がってくることができるように、恥ずかしくない競馬をさせたいです」(佐藤賢二調教師)。

     担当はトラバージョなどの秀島厩務員。

    ■リッカルド
    *船橋 佐藤裕太 厩舎 セ8歳
    *成績 43戦10勝2着7回
    *重賞タイトル
     大井記念(SI)(2018)
     ブリリアントカップ(SIII)(2018)
     フジノウェーブ記念(SIII)(2018)
     報知グランプリカップ(SIII)(2018)
     エルムS(GIII)(2016)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     昨年は中央から南関東に移籍し、報知グランプリカップを皮切りに、フジノウェーブ記念、ブリリアントカップ、大井記念と重賞4連勝。帝王賞(4着)やエルムS(6着)以降は、南関勢とのレースでももう一歩の結果だったため、放牧休養に出されました。

     4月上旬に帰厩。今年8歳になり、芦毛の馬体は以前よりも白さを増したように見えました。「乗り込み量は十分です。休む前は疲れもありましたが、今はリフレッシュして、いい頃の状態に戻ってきていると思います」と、アブクマポーロなども手掛けた楠厩務員は言っていました。

     昨年の大井記念は5番手内目から、最後の直線で外に持ち出すと、ライバルたちを一気に抜き去って、2着のサブノクロヒョウに3馬身差をつける圧勝でした(勝ちタイムは2000m2分6秒2.良)。昨年とはここまでの過程は違いますが、今年はどんな強さを見せるでしょうか。

     「最終追い切りではリッカルドらしい走りはできていますが、間隔が空いた分や2000mもこの馬には長いように思います。地力の高さで連覇を飾って欲しいです」(佐藤裕太調教師)。

    *大井記念の情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第64回 大井記念(SI)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■タービランス
    浦和5/17本馬場良 1000m-67.9秒 800m-50.1秒 600m-36.6秒 一杯追
    ■センチュリオン
    浦和5/17本馬場良 1000m-68.3秒 800m-51.1秒 600m-37.9秒 末強めに
    ■サウンドトゥルー
    船橋5/18右良 1200m-81.9秒 1000m-63.4秒 800m-48.3秒 600m-36.3秒 強めに
    ■ヒガシウィルウィン
    船橋5/18右良 1200m-78.7秒 1000m-63.1秒 800m-50.0秒 600m-38.0秒 末一杯追
    ■リッカルド
    船橋5/18右良 1200m-81.7秒 1000m-63.3秒 800m-49.4秒 600m-37.4秒 強めに
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第64回 大井記念(SI)>

    優勝インタビュー動画はこちら

     昨年からS1に格上げされた大井記念。来月の帝王賞に向けても、上半期の南関ナンバー1決定戦的な位置づけのレースになり、今年も好メンバーがそろいました。

     1番人気にはタービランス(2.8倍)、差がなく2番人気には、南関重賞初挑戦のセンチュリオン(2.9倍)。続いて、サウンドトゥルー、モジアナフレイバー、ヒガシウィルウィンと、この5頭が10倍以下のオッズ。昨年の覇者リッカルドは放牧休養明けで6番人気。

     このネームバリューたっぷりな馬たちの中、ひと際光った走りで魅了したのが、繁田健一騎手が手綱を取ったモジアナフレイバー(大井・福永敏厩舎<小林>)。大井生え抜き馬で、レベルが高いと言われた昨年の南関3歳勢の中でも、トップクラスで走り続けてきました。

     昨年の勝島王冠は3歳で古馬勢を打ち破り、念願の重賞初制覇を飾り、これからの南関東を背負って立つ1頭としても大きな期待がかけられています。

     しかし、今回は放牧休養明けで、そもそもブリリアントカップから始動予定だったそうですが、疲れがなかなか抜けきらず調子が上がってくるのに時間がかかったため自重し、この大井記念から始動。

     さらに、今回は優勝した勝島王冠よりも4キロ背負い(53キロから57キロ)、先輩たちと同じ斤量。陣営もレース前の感触としては控えめでしたが、終わってみれば、さらにパワーアップしたかのような強さを見ることができました。

     レースは激しい先行争いが予想されていましたが、シュテルングランツが一気にハナへ。モジアナフレイバーはゲートに課題のある馬ですが、この日は好スタートを切って、中団の内にポジションを取りました。

     「スタートもうまく切れて好きな位置を取れました。道中もすごい手応えでしたが、前の1頭を交わしてからがどうしてもソラを使ってしまうところがあるので、そこだけは気をつけながら乗りました」(繁田騎手)。

     モジアナフレイバーは勝負所かすばらしい手応えで上がっていくと、最後の直線に入り残り200m付近で、先頭に立っていたセンチュリオンを外から力強く抜き去って、最後は3馬身半差をつけての圧勝。勝ちタイムは2000m2分5秒(重)。2着がセンチュリオン、3着はタービランス。

     モジアナフレイバーは2つ目のタイトルを獲得して、一気にS1ホースに!

     「勝島王冠の時はすごい気合いのりで楽勝して、東京大賞典は大人しくて、走りがあまりよくありませんでした。今回はどちらかというと、東京大賞典のような落ち着きがあったので、レースに行ってみないとわからないなぁと思っていましたが、ゲートが開いてボーンと出た時の手応えで大丈夫だろうなと。

     モジアナはデビュー前から期待をしてきた馬です。羽田盃と東京ダービーは乗り方を失敗しているので、その後から競馬スタイルを変えて教えてきて、それも形になってきたかなとも思います。

     今日は自分では何もしていません。モジアナが勝負所をわかっていて勝手に走っていくような感じで、あの手応えは本当にすごかったです。想像以上の強さでした。

     ゲートもそうですが、普段から調教もすごく難しい馬のようで、担当の荒美厩務員が一生懸命にやってくれています」(繁田騎手)。

     休み明けでもこれだけの強さを見せたことで、逆に反動も心配されることから、今後については未定ということです。「オーナーのご理解もあって大事に使わせて頂いているので、まずはゆっくり馬の成長とコンディションに合わせながら進めていきたいです。ゆくゆくはダートグレード競走などに勝負させたいですね」(福永調教師)。

     大井生え抜き馬モジアナフレイバーにとって、夢がいっぱい広がるレースになりました。



    <他陣営のコメント>

    2着 センチュリオン 左海誠二騎手
    「直線を向いた時には押し切れるかなと思ったのですが、(勝ち馬に)並ぶ間もなく交わされて次元が違いました。今日は残念でしたが、この馬もまだまだ頑張れると思うし、力は相当あります」

    3着 タービランス 森泰斗騎手
    「センチュリオンを目標に進めて、レース自体はうまくいっていると思いますが、最後は意外に頑張れませんでした。東京ダービーの時も思いましたが、2000mになると終いがダラッとするので、こなせはしますが、距離がひとハロン長いのかもしれません。1800m以下の方が力を発揮してくれそうです。今日は上位2頭が強かったです」

    4着 シュテルングランツ 川島正太郎騎手
    「陣営からは絶対にハナへ行くようにという指示を受けました。今日は薄いブリンカーを着けたそうで、先行争いが激しくなるかと思いましたが、出てからの反応もよくて楽に逃げることができました。ただ、最初に気合をつけていった分、道中の行きっぷりがよすぎたので、どこかでもう一息入れてあげたかったです」

    5着 ヤマノファイト 本橋孝太騎手
    「状態はいいのですが、ズルさが出てきたようで、テンの進みがよくありませんでした。もう少し前目につけたかったです。3コーナー過ぎからいい感じにはなりましたが、直線でも気を抜くようなところがあって、それでも気合をつければ伸びてくれました。本気を出していないし、もっと走れる馬です」

    6着 ヒガシウィルウィン 本田正重騎手
    「中団くらいからということで進めていきましたが、結果的にはペースが落ち着いてしまいました。普段の調教でも行きたがったりササるようなところは解消されてきて、レースでも3コーナー手前からササるようなところはありましたが、そこまで問題はありませんでした」

    7着 リッカルド 矢野貴之騎手
    「休み明けでしたが、雰囲気はいい頃の感じに戻っていると思います。札幌遠征から帰ってきてからはゲートの中でイライラしていましたが、今回は解消されていました。一回使って、これからまた上がっていきそうな感じはあります」

    8着 チャイヤプーン 山本聡哉騎手
    「前残りだったので、もっと早い流れになってくれれば違ったと思います。こういうメンバーとの走りをいい経験にしてくれれば」

    9着 サブノクロヒョウ 笹川翼騎手
    「状態はすごくよかったので、相手関係ひとつだと思います。この馬の走りはできているし、チャンスはいずれまたあります」

    10着 ウマノジョー 高松亮騎手
    「ペースが遅くばらけなくて、内々でスムーズな競馬ができませんでした」

    11着 ワンフォーオール 赤岡修次騎手
    「道中はついていけないところもありましたが、一緒の斤量で厳しい中、最後はきてくれました。強いメンバーと走ればペースも速くなるので、前向きさがもっと出て、ついていけるようになれば。ずっと脚を使っているような感じでもバテないのがいいところですし、長い距離も向くのかなと。成長してくれれば面白いと思います」

    12着 ジャーニーマン 真島大輔騎手
    「位置取りは想定内でしたが、3コーナー手前から手応えが怪しくなりました」

    13着 サウンドトゥルー 吉原寛人騎手
    「初めて乗せて頂きましたが、返し馬では跳びの軽い進んでいきそうな感じだなぁと、感触はよかったです。レースは気合をつけて積極的にというのはあったのですが、馬も戸惑っている感じで、今回は結びつきませんでした。道中も自分のリズムで走れなくて、前半脚を使った分、最後は手応えがなくなりました。年齢とともにズブさはあると思いますが、まだ全然やれる馬ですよ」

    14着 モズライジン 和田譲治騎手
    「ゲートはもっさりでもいいところにはついていけましたが、外を回されて距離ロスもあって、最後は手応えがなくなりました」

    15着 ディアデルレイ 御神本訓史騎手
    「外からもかなりこられたので、2番手でも我慢できるかと思ったのですが、やはり行った方がいい馬ですね」

    16着 ワールドレーヴ 吉井章騎手
    「後ろでじっくりためていたのですが、この馬には距離が少し長かったです」
  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    64 令元 モジアナフレイバー 牡4 繁田 健一
    63 平30 リッカルド セ7 矢野 貴之
    62 29 ウマノジョー 牡4 山本 聡哉
    61 28 ケイアイレオーネ 牡6 的場 文男
    60 27 プレティオラス 牡6 本橋 孝太
    59 26 サミットストーン 牡6 石崎 駿
    58 25 フォーティファイド 牡8 御神本 訓史
    57 24 トーセンルーチェ 牡6 張田 京
    56 23 マズルブラスト 牡9 戸崎 圭太
    55 22 セレン 牡5 石崎 隆之
    54 21 ライジングウェーブ 牡6 酒井 忍
    53 20 コウエイノホシ 牡5 坂井 英光
    52 19 マズルブラスト 牡5 張田 京
    51 18 エイシンチャンプ 牡6 内田 博幸
    50 17 ケージーチカラ 牡5 的場 文男
    49 16 サンデーバニヤン 牡4 鷹見 浩
    48 15 ネームヴァリュー 牝5 石崎 隆之
    47 14 ゴールドマイニング 牡5 一ノ瀬 亨
    46 13 ドラールアラビアン 牡6 的場 文男
    45 12 イナリコンコルド 牡5 内田 博幸
    44 11 ゴールドヘッド 牡4 的場 文男
    43 10 カワノスパート 牡5 的場 文男
    42 9 アブクマポーロ 牡5 石崎 隆之
    41 8 パルブライト 牝4 石崎 隆之
    40 7 ホウエイコスモス 牡4 高橋 三郎
    39 6 ノーブルウイナー 牡6 佐々木 洋一
    38 5 ハシルショウグン 牡5 的場 文男
    37 4 ハシルショウグン 牡4 的場 文男
    36 3 アーデルジーク 牡4 鈴木 啓之
    35 2 ダイコウガルダン 牡5 高橋 三郎
    34 平元 アラナスモンタ 牡5 高橋 三郎
    33 昭63 チヤンピオンスター 牡4 桑島 孝春
    32 62 ダツシユホウシヨウ 牡4 的場 文男
    31 61 テツノカチドキ 牡6 佐々木 竹見
    30 60 テツノカチドキ 牡5 佐々木 竹見
    29 59 ポートテンユウ 牡5 西川 栄二
    28 58 ミサキネバアー 牡4 的場 文男
    27 57 フルイチエース 牡4 石川 綱夫
    26 56 タイムリーヒツト 牡4 高橋 三郎
    25 55 カツアール 牡4 高橋 三郎
    24 54 グランドカイザー 牡5 高橋 三郎
    23 53 ホープランサー 牡4 佐々木 忠昭
    22 52 アグネスチカラ 牡5 高柳 恒男
    21 51 チユウオキヤプテン 牡5 赤間 清松
    20 50 マルイチダイオー 牡4 角田 次男
    19 49 ジユラク 牡5 佐々木 竹見
    18 48 マルイチキング 牡4 角田 次男
    17 47 フジズイコウ 牡5 岡部 正道
    16 46 ロイヤルワラビ 牡4 佐々木 竹見
    15 45 アポスピード 牡4 高橋 三郎
    14 44 ヨシミジユニアー 牡5 松浦 備
    13 43 ヤシマナシヨナル 牡4 渥美 忠男
    12 42 アオイライコー 牡7 渥美 忠男
    11 41 ブラツクメイジ 牡5 高橋 三郎
    10 40 オーシヤチ 牡5 岡部 盛雄
    9 39 コクユウ 牡4 宮下 紀英
    8 38 ユキロウ 牡5 宮下 哲朗
    7 37 ミナトフブキ 牡5 佐々木 竹見
    6 36 ダイニコトブキ 牡6 須田 茂
    5 35 エータイム 牡5 佐々木 國廣
    4 34 ユウセイ 牡5 鈴木 冨士雄
    3 33 オートネ 牡5 須田 茂
    2 32 ケンチカラ 牡5 小筆 昌
    1 31 ブゼントシユキ 牡5 荒山 徳一