夜があなたを輝かせる。
TOKYO TWINKLE

レースと日程

Race&Schedule

第8回 フジノウェーブ記念(SIII)

2017年03月08日(水) 16:15発走

コースイメージ図

2コーナー奥のポケットからスタート。2コーナーを通過して長いバックストレッチ、ゴールまでの直線も長い。上がり脚を要求される短距離のコースです。

第7回優勝馬:ソルテ号

TCK唯一の1,400m重賞です。2013年までは東京スプリング盃の名称で実施されましたが、2014年からは同レースを4連覇したフジノウェーブの功績をたたえ、フジノウェーブ記念にレース名を改称しました。翌月の交流競走・東京スプリントに向け、短距離路線を歩む有力馬たちが数多く出走します。<優勝馬に東京スプリントの優先出走権を付与>

高橋華代子の
注目馬情報

たかはしかよこ
南関東競馬リポーター
ブログ南関魂などを更新中

文字サイズ変更
<第8回 フジノウェーブ記念(SIII)>

ソルテ
昨年はさきたま杯やフジノウェーブ記念を優勝し、JBCスプリントも大いに盛り上げ、NARグランプリ2016年度代表馬など3部門を受賞しました。大井生え抜きから誕生した王者がついに始動。4か月ぶりの実戦や斤量59キロなどのハンデを乗り越えて、ソルテらしい強さを期待します。

モダンウーマン
2歳、3歳とその世代の牝馬のトップに君臨してきた馬で、素質の高さで幅広い距離を走ってきました。前走の準重賞ウインタースプリントは牡馬に混ざって57キロを背負いながらも圧勝した姿は、短距離適性の高さを改めて証明した形と言えるでしょう。楽しみな挑戦。

ケイアイレオーネ
南関東に移籍後は大井の帝王・的場文男騎手にエスコートをされ、大井記念と報知オールスターカップで重賞2勝を挙げ、実力は示してきました。最近はゆったりした距離を走ってきましたが、2歳時に兵庫ジュニアグランプリを圧勝して以来の1400m戦。興味深い出走です。

トキノエクセレント
蹄骨の骨折を乗り越えて、昨年末のゴールドカップは見澤譲治騎手とのコンビで8歳にして念願の重賞初制覇を成し遂げました。さきたま杯は僅差の2着になるなど実力は折り紙付き。中央時代は右回りコースの実績はありますが、大井競馬場には意外にも初登場です。

タイムズアロー & モンサンカノープス
船橋の川島正一厩舎は強力な2頭出し予定。報知グランプリカップ&埼玉新聞栄冠賞の勝ち馬タイムズアローと川崎マイラーズの覇者モンサンカノープス。タイムズは前走大敗をしましたが、脚をぶつけたことで歩様が乱れたそうですが、その後は正常に戻ったそうで何よりでした。

フラットライナーズ
ソルテと並んで南関東生え抜きの星です。習志野きらっとスプリントと船橋記念を優勝し、船橋競馬場1000m戦で快速ぶりを披露してきました。素質の高さで1700m戦の京浜盃を2着に入ったことはありますが、最近は1000m戦で成績を挙げているだけに、距離は鍵。

文字サイズ変更
回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
7 28 ソルテ 牡6 吉原 寛人
6 27 セイントメモリー 牡8 本橋 孝太
5 26 ジェネラルグラント 牡4 石崎 駿
4 25 フジノウェーブ 牡11 御神本 訓史
3 24 フジノウェーブ 牡10 坂井 英光
2 23 フジノウェーブ 牡9 御神本 訓史
1 22 フジノウェーブ 牡8 戸崎 圭太