夜があなたを輝かせる。
TOKYO TWINKLE

レースと日程

Race&Schedule

第37回 サンタアニタトロフィー(SIII)

2016年08月03日(水) 20:15発走

コースイメージ図

ダートの根幹距離…マイル
4つのコーナーを通過し、ゴールまでの直線が短い内回りコース

第36回優勝馬:ソルテ号

1996年に従来の関東盃から現在のレース名に改称。名称はTCKと米国・サンタアニタ競馬場の友好交流提携を結んだことに由来します。春シーズンに成長した上昇馬が実績馬に挑戦する真夏のレースは、秋から年末へと続く重賞戦線へ向け、南関東所属馬の力関係を図る絶好の機会です。<優勝馬に日本テレビ盃の優先出走権を付与>
※2011年は国際招待レースとして実施

高橋華代子の
注目馬情報

たかはしかよこ
南関東競馬リポーター
ブログ南関魂などを更新中

文字サイズ変更
<第37回 サンタアニタトロフィー(SIII)>

ジャルディーノ
今年の金盃の覇者。休み明けだった大井記念は5着、初のダートグレードレースに挑戦した前走の帝王賞は10着。今回は、昨年のおおとりオープン(優勝)以来となるマイル戦です。本馬場入場の際、ピタリと止まって動かなくなるこの馬のルーティンが見られるでしょうか。

ゴーディー
アラブの名馬たちの血が入っているサラ系ゴーディーも、早いもので8歳。前走の武蔵野オープンは2番手から早め先頭にいい頃を彷彿させる力強い走りで、2年ぶりのうれしい勝利を挙げました。サンタアニタトロフィーは今年4回目の出走で、4年前の覇者。

ムサシキングオー
重賞初制覇は昨年の勝島王冠。その後は自身にとって初遠征を敢行し、報知オールスターカップ(3着)、報知グランプリカップ(2着)と重賞レースでも高いレベルで走り続けています。最近はもう少しの成績ですが、自場のマイル戦で改めて見てみたいところ。

アメージングタクト
中央5勝馬でダート短距離戦を中心に走ってきました。昨年の東京盃は9着。前走の武蔵野オープンから大井の藤田輝信厩舎の一員になり、自身にとって初めてのマイル戦で、中団から徐々に進出しての2着。移籍して2戦目の今回はどんな走りを見せるでしょう。
文字サイズ変更
回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
36 27 ソルテ 牡5 吉原 寛人
35 26 セイントメモリー 牡7 本橋 孝太
34 25 セイントメモリー 牡6 本橋 孝太
33 24 ゴーディー 牡4 赤嶺 亮
32 23 カキツバタロイヤル 牡5 石崎 駿
31 22 カキツバタロイヤル 牡4 本多 正賢
30 21 ブルーホーク 牡5 坂井 英光
29 20 チェレブラーレ 牡4 張田  京
28 19 ショーターザトッシ 牡5 今野 忠成
27 18 ボンネビルレコード 牡4 的場 文男
26 17 スピニングアロー 牡7 張田  京
25 16 トミケンマイルズ 牡4 張田  京
24 15 コアレスハンター 牡6 内田 博幸
23 14 ベルモントアクター 牡6 石崎 隆之
22 13 サンデーツヨシ 牡4 内田 博幸
21 12 キクオブメイスン 牡6 的場 文男
20 11 インテリパワー 牡4 張田  京
19 10 サントス 牡5 鈴木 啓之
18 9 アブクマポーロ 牡5 石崎 隆之
17 8 ホクトムソウ 牡5 郷間  隆
16 7 プレザント 牡5 石崎 隆之
15 6 サクラハイスピード 牡6 佐藤  隆
14 5 モガミキツカ 牡5 石崎 隆之
13 4 ハナセール 牡4 高橋 三郎
12 3 ジヨージモナーク 牡6 早田 秀治
11 2 テツノヒリユウ 牡7 鷹見  浩
10 平元 ジングウブレーブ 牡4 高橋 三郎
9 昭和63 イーグルシヤトー 牝5 堀 千亜樹
8 62 テツノヒリユウ 牡4 秋吉 和美
7 61 ガルダン 牡5 的場 文男
6 60 テツノカチドキ 牡5 佐々木竹見
5 59 マツノセイザン 牡4 奥山 正行
4 58 ストリートエース 牡4 的場 文男
3 57 レイクルイーズ 牝3 山崎 尋美
2 56 ダイロクホーメイ 牡6 的場 文男
1 55 トウケイホープ 牡4 秋吉 和美