夜があなたを輝かせる。
TOKYO TWINKLE

レースと日程

Race&Schedule

第6回 優駿スプリント(SII)

2016年06月28日(火) 20:15発走

コースイメージ図

スタートから3コーナーまで長い直線。さらに、ゴールまでの直線が長い外回りコースを使用します。スピード満点のコースになっています。

第5回優勝馬:ルックスザットキル号

3歳限定のスプリント重賞として2011年から新設されました。古馬の短距離路線の充実により、早い段階から短距離のスペシャリストを目指す若駒たちの新しい目標となるレース。2015年からグレードをSⅡに格上げして実施しています。<優勝馬に習志野きらっとスプリント、上位2頭にアフター5スター賞の優先出走権を付与>

高橋華代子の
注目馬情報

たかはしかよこ
南関東競馬リポーター
ブログ南関魂などを更新中

文字サイズ変更
<第6回 優駿スプリント(SII)>

キーパンチャー
大活躍したアウスレーゼの愛息。母と一緒で北海道から移籍以降、京浜盃3着になるなど存在感を示してきました。ここ2戦はもうひとつの成績ですが、きっかけをつかみたいところ。大井では初めてとなるスプリント戦でどんなパフォーマンスを見せるか興味深いです。

シングンヴィグラス
母のリードスキーはエーデルワイス賞を制した実力馬、半兄には2つの重賞を制したロイヤルボスがいる血統です。父はサウスヴィグラス。一貫してスプリント戦を走り続け、2か月半の間隔が空きましたが、この優駿スプリントを最大目標に取り組んできたそうです。

ムサシトレジャー
昨年8月に実施された1000mの新馬戦は1分00秒5(良)で優勝。それ以降も持ち前のスピードを生かしてスプリント戦を中心に走ってきました。前走の優駿スプリントトライアルは、優勝したイノデライトから0.1秒差となる2着で優先出走権を手にしたばかり。

ラクテ
今回の最有力候補とも言えるのがこのラクテ。能力試験では800m48秒7を叩きだし、ハイセイコーよりも速いタイムで駆けたことでも話題になりました。それ以降も短距離戦でスピード感あふれる走りを披露中。厩舎の偉大なる先輩ソルテの勢いに乗りたいところ。

高橋華代子の
重賞直前情報

たかはしかよこ
南関東競馬リポーター
ブログ南関魂などを更新中

文字サイズ変更

<第6回 優駿スプリント(SII)>
(6月27日現在)

■調教インタビュー動画はこちら[ → ]

■調教追い切り動画はこちら[ → ]

■ラクテ
*大井 寺田新太郎 厩舎 牡3歳
*成績 12戦5勝2着0回
*詳細データ[ → ]
*調教タイム[ → ]

 3歳のスピード自慢たちが勢ぞろいをした優駿スプリント。最有力候補ラクテが、最愛のパートナー上田健人騎手を背に、ついに目標にしてきたこの大一番に挑んできます。

 遡れば、ラクテはデビュー前から注目を集めていました。昨年の5月下旬に行われた能力試験において、800m48秒7で走り、ハイセイコーよりも速いタイムで合格。その後は能力の高さでマイル以上の距離に挑戦をしたこともありましたが、1200m戦は4戦3勝。

 特筆すべきは、2月上旬に実施されたクロッカス特別(大井・1200m)で、ただ1頭58キロを背負いながら、レースはハナを主張していき、シングンヴィグラスにマークされる形になりましたが、最後は突き放す完勝。勝ちタイムは1200m1分13秒4(やや重)で、改めてこの馬のスプリント適性の高さを示す一戦になりました。

 今回は羽田盃(11着)を使ってから約2か月空けての実戦で、ここまでじっくり乗り込んできたそうです。「ずっと使い詰めで精神的にもピリピリしていたところもあったと思うので、間隔を空けたことで楽になって、食べたものも実になってきたと思います。体重が増えていても成長分ですね」と柳田悟厩務員(代表馬 ブラックムーンやドリームサラ)。

 コンビを組む上田騎手は、厩舎の偉大なる先輩ソルテの調教パートナーとしてあまりにも有名ですね。ソルテの現在の活躍は、上田騎手の力もなくしては語れません。ソルテとラクテを所有している(株)フロンティア・キリーの代表・桐谷茂オーナーからの信頼も絶大で、「ラクテで(上田騎手を)男にしたい」という想いを持っていらっしゃるそうです。

 「そうやってオーナーが言ってくださるのはありがたいです。その期待に応えたいし、応えられる馬だと思います。男になるしかないでしょ(笑)。

 前走はここに向けても意識した乗り方をしましたが、その後も順調に乗り込んできて、最終追い切りも動けています。

 ラクテでハイセイコー記念1番人気を経験させてもらって、自分としても気持ちのコントロールができるようになったと思っています。1200mのポテンシャルの高さを信じて、自分の走りに徹したいですね。あとは人間が当日落ち着いて乗るだけです」(上田騎手)。

 デビューから8年目を迎え、岩手での重賞勝ちはあるものの、南関東での重賞初制覇に大きな期待が集まる上田騎手。ソルテを縁の下の力持ちとして支え続けてきましたが、今度はその弟分ラクテとともに、重賞レースでゴール板を先頭で駆け抜けるシーンを、多くの人たちが待ち望んでいるでしょう。寺田厩舎通算700勝もかかっています!!!

 「追い切りは馬場が軽かったですが今までで一番いい動きだったと思います。本番は平常心でラクテの持ち味が生きる競馬をさせたいですね。ラクテにも健人君にも重賞を取らせたいです」(寺田新太郎調教師)。

■クラトイトイトイ
*船橋 矢野義幸 厩舎 牝3歳
*成績 15戦5勝2着3回
*重賞タイトル
 東海クイーンカップ(SPI)(2016年)
 若草賞(SPI)(2016年)
*詳細データ[ → ]
*調教タイム[ → ]

 グランダムジャパン3歳シーズンの若草賞(名古屋・1400m)と東海クイーンカップ(名古屋・1600m)を優勝して、総合優勝を果たしたクラトイトイトイ。

 今回は凱旋レースです!「前はキャンキャンしていた部分もありましたが、落ち着きが出てきましたね」と藤川奈織子厩務員に振り返ってもらいましたが、うら若き3歳牝馬が長距離遠征を果敢にこなしてきた経験は、精神力も強くさせたことでしょう。

 母のクラマサシャトルは主に北海道競馬で走ってきましたが、南関東所属だったこともあり、1995年東京3歳優駿牝馬と平和賞をともに4着で、ゆかりのある血統。

 前走後は関東オークスも視野に入っていましたが、最終的にはこの優駿スプリントに向けて調教を行ってきたそうです。追い切りに騎乗した石崎駿騎手は、「上積みはないですが落ちてはいないです。遠征疲れは感じさせないしタフですね。この距離も対応してくれると思いますが、久しぶりなので展開に戸惑わなければ力差はないと思いますよ」とのこと。

 南関東へ移籍後、スプリント戦は初挑戦ですが、北海道時代は経験豊富なだけに、どんな走りをするのか興味深いです。

 「こっちでは初距離でも条件は悪くないし持ち時計的にも問題はないと思っているので、3歳馬同士で走れるから楽しみ。いい状態で送り出せるし、今度はこっちのタイトルを取らせてあげたい」(矢野義幸調教師)。

 トイトイトイ(toi toi toi )はドイツで幸運や成功などを祈るおまじないの言葉で、「頑張って!」「うまくいくよ!」という意味合いがあるそうです。『優駿スプリントに向けて、トイトイトイ!!!』

■ムサシトレジャー
*大井 栗田泰昌 厩舎 牡3歳
*成績 11戦2勝2着3回
*詳細データ[ → ]
*調教タイム[ → ]

 昨年8月に大井競馬場からデビューし、新馬戦を1000m1分00秒5(良)のタイムで優勝した姿は圧巻でした。「本当にビックリしたね。思っていた以上に走ってくれる実戦型」と当時を振り返る中橋潤一厩務員(代表馬 エビスジャパン)。

 その後も1200m戦を中心に使ってきて、前走の優駿スプリントトライアルでは有力候補だったイノデライトに0.1秒差に迫るパフォーマンスで堂々2着。

 初騎乗だった森泰斗騎手は、「最後に多少フワッとしたところもあったので、もう一段階ギアがありそうな気がしますね。前半は多少ズルさもあるみたいですが、その辺りも一回乗ってわかったので、逆転の目はあると思います」と手応えをつかんだ様子でした。

 厩舎の先輩には偉大なるムサシキングオーがいます。今度は弟分のムサシトレジャーが、この大舞台でどんな走りを見せるのでしょうか。ラクテやシングンヴィグラス、ケイエスソード、キーパンチャーは57キロですが、ムサシトレジャーは1キロ軽い56キロで出走できるのも魅力。

 「最終追い切りは馬場も軽かったけどいい時計もでたし、目標だったここにいい形でくることができた。決め手の良さを生かして頑張って欲しいね」(栗田泰昌調教師)。

■シングンヴィグラス
*大井 三坂盛雄 厩舎(小林) 牡3歳
*成績 11戦4勝2着4回
*詳細データ[ → ]
*調教タイム[ → ]

 母のリードスキーは1999年エーデルワイス賞などを優勝したダートグレードレースウイナー。半兄には2006年ハイセイコー記念と2009年マイルグランプリを制したロイヤルボスがいる血統です。

 「大人しくて扱いやすい馬で、じゃれついて甘えてくる(笑)。いつも全力で一生懸命に走ってくれる真面目な馬」(堂本政美厩務員)。

 父はサウスヴィグラスで、短距離戦を中心に使ってきて、今年に入ってからの1200m戦での成績は4戦3勝2着1回。唯一敗れたクロッカス特別は、逃げたラクテをピタリとマークしていきましたが、最後は2馬身離されました。その時はラクテよりも1キロ軽く出られましたが、今回は同じ斤量での競馬。

 約2か月半の間隔が空いたために反応は気になるところですが、再び手綱を取る吉原寛人騎手のエスコートも楽しみです。

 「ここを目標に乗り込んできて心臓もできている。ひと息入れたことで、馬なりで速い時計が出るようになったし、精神的にも落ち着きが出てきた。タフな馬だね。吉原君も手の内に入っているし、4、5番手から瞬発力を生かした競馬をさせたい」(三坂盛雄調教師)。

*優駿スプリントの情報は、南関魂でもお伝えしていきます!
文字サイズ変更
回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
5 27 ルックスザットキル 牡3 早田 功駿
4 26 アピア 牡3 御神本 訓史
3 25 ハードデイズナイト 牝3 山崎 誠士
2 24 ゴールドキャヴィア 牝3 御神本 訓史
1 23 ミヤサンキューティ 牝3 真島 大輔