重賞レース

第14回 勝島王冠(SII)

  • 2022年12月8日(木)
  • 20:10発走
第13回優勝馬:コズミックフォース号

レース名称はTCKの所在地(品川区勝島)に由来します。年末の東京大賞典へのステップレースとして2009年に準重賞から重賞となり、さらに2018年からはグレードが「SIII」から「SII」に格上げされました。年末の大一番を目指す南関東の有力馬がひしめく、ハイレベルで注目度の高いレースです。
<優勝馬に東京大賞典の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第14回 勝島王冠(SII)>
    (11月29日現在)

    カジノフォンテン
    昨年はJpnⅠの川崎記念とかしわ記念などを勝つ活躍で、NARグランプリのダートグレード競走特別賞馬を受賞。今回は7か月ぶりの実戦で、いよいよ大将が復帰!

    フィールドセンス
    JRA時代に3勝クラスを勝ち上がりました。この夏に移籍後から重賞レースに出走。スパーキングサマーCと日本テレビ盃は豪快に差し切り、重賞2連勝を飾りました。

    アランバローズ
    全日本2歳優駿や東京ダービーなどを制してきた実力馬が、1年半ぶりの重賞制覇を目指します。最近はマイルまでの距離を走り、1800mは昨年の羽田盃(2着)以来。

    ミヤギザオウ
    今年の羽田盃は内から差し切り、初タイトルを獲得しました。放牧休養明けだった前走のスターバーストCは、斤量58キロを背負うも僅差の2着で、上々の内容。

    カイル
    今年の東京ダービー馬。直線で力強く抜け出し、重賞初制覇を飾りました。3か月ぶりの実戦だった戸塚記念は11着、前走のダービーグランプリは4着で、復調の兆し。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    13 令3 コズミックフォース 牡6 御神本 訓史
    12 2 カジノフォンテン 牡4 張田 昂
    11 令元 モジアナフレイバー 牡4 繁田 健一
    10 平30 モジアナフレイバー 牡3 繁田 健一
    9 29 ディアドムス 牡5 岡部 誠
    8 28 セイスコーピオン 牡6 森 泰斗
    7 27 ムサシキングオー 牡6 笹川 翼
    6 26 ハブアストロール 牡4 左海 誠二
    5 25 ガンマーバースト 牡6 森 泰斗
    4 24 プーラヴィーダ 牡3 戸崎 圭太
    3 23 スマートインパルス 牡4 A.ムンロ
    2 22 スーパーパワー 牡5 真島 大輔
    1 21 セレン 牡4 石崎 隆之