重賞レース

第24回 TCK女王盃(JpnIII)

  • 2021年1月20日(水)
  • 16:10発走
第23回優勝馬:マドラスチェック号

年明け最初の重賞となる、牝馬限定のダートグレード競走です。全国から集まった女傑が真冬のダート女王の座を目指します。
<上位2頭(地方所属馬に限る)にエンプレス杯の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第24回TCK女王盃(JpnIII)>
    (1月12日現在)

    プリンシアコメータ
    明け8歳。4年前のJBCレディスクラシックではララベルとの死闘の末、2着に敗れましたが、それ以降、エンプレス杯やレディスプレリュードなど重賞4勝と、実績ナンバー1。

    マドラスチェック
    JBCレディスクラシックは、優勝したファッショニスタとの叩き合いで、タイム差なしの惜しい2着。引き続き、TCK女王盃を制した時の森泰斗騎手とのコンビ。

    マルシュロレーヌ
    キョウエイマーチの孫。レディスプレリュードは、ダート重賞&地方コースともに初挑戦でしたが鮮やかな差し切り勝ちを収め、JBCレディスクラシックは3着でした。

    マルカンセンサー
    大井生え抜き馬。2年前のTCK女王盃では2着に入り話題を集めました。それ以降もコンスタントに走り続け、前走の東京シンデレラマイルは復活の兆しを見せた2着。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第24回 TCK女王盃(JpnIII)>

    (1月18日現在)

    調教追い切り動画はこちら

    ■マルカンセンサー
    *大井 高野毅 厩舎 牝6歳
    *成績 29戦6勝2着4回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     今年のTCK女王盃は9頭立てと少頭数になり、南関東からは3頭。その筆頭格になるのは、笹川翼騎手とコンビを組むマルカンセンサー。母のキャニオンドリームは2003年から2006年にかけて大井所属として走った馬です。

     マルカンセンサーは新進気鋭・高野厩舎の生え抜き馬としてデビューし、2年前のTCK女王盃は的場文男騎手が騎乗し、9番人気ながらも中団の内目から追い込み2着(優勝ビスカリア)。

     中央馬を相手に人気薄の馬が上位に来たこと自体が本来は立派なことですが、高野調教師が非常に悔しがっていた姿も印象的でした。それだけこの馬の能力の高さを感じているからこそ。

     その後もコンスタントに勝ち星を挙げていきながら、ダートグレード競走でも好走。強い相手と戦っていきながらタフに走り続け、前走の東京シンデレラマイルは笹川翼騎手を背に中団から内をついて上がり、最後はダノンレジーナから2馬身差の2着で、南関東牝馬2冠アクアリーブルらは一蹴しました。

     「流れひとつでチャンスがあると思っていましたが、それ以上に勝った馬がいい所にいたっていう感じです。ずっと一線級でやってきている馬ですし、馬自体もやっと良くなってきていたので、このくらいやれたのはうれしかったです」(笹川騎手)。

     その後はこのTCK女王盃を大目標に、順調にトレーニングを積んできたそうです。

     「この時期は相性もいい感じで、自分で状態を上げてきているように思います。一昨年のTCK女王盃の頃よりも、首筋なども太くなって、体もたくましくなりました。気力も上向いていますね。いい舞台に状態もピークで使えるので、好勝負を期待しています」(高野調教師)。

     ここまでも、高野厩舎の「チャレンジング・スピリット」精神で、一線級たちと果敢に戦ってきたマルカンセンサー。充実している今、これまでの経験を生かすことはできるでしょうか!

    <中央馬の顔ぶれ>

    ■プリンシアコメータ
    *JRA 矢野英一 厩舎 牝8歳
    *成績 35戦8勝2着7回
    *重賞タイトル
     ブリーダーズゴールドカップ(JpnIII)(2020)
     エンプレス杯(JpnII)(2019)
     レディスプレリュード(JpnII)(2018)
     クイーン賞(JpnIII)(2017)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     川崎所属ベルモントフェリスの愛娘。ナンバー1の実績で、レディスプレリュードやエンプレス杯など重賞4勝。4年前のJBCレディスクラシックは2着。明け8歳。

    ■マドラスチェック
    *JRA 齋藤誠 厩舎 牝5歳
    *成績 12戦4勝2着4回
    *重賞タイトル
     TCK女王盃(JpnIII)(2020)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     昨年のTCK女王盃は森泰斗騎手が騎乗し、3番手からの差し切り勝ちを決め、念願の重賞初制覇を飾りました。その後も高いレベルで走り続け、連覇を目指します。

    ■マルシュロレーヌ
    *JRA 矢作芳人 厩舎 牝5歳
    *成績 15戦5勝2着2回
    *重賞タイトル
     レディスプレリュード(JpnII)(2020)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     ダート重賞&地方コース初挑戦だった、2走前のレディスプレリュードは差し切り勝ちを収め、続くJBCレディスクラシックは3着でした。キョウエイマーチの孫娘。

    ■レーヌブランシュ
    *JRA 橋口慎介 厩舎 牝4歳
    *成績 8戦3勝2着0回
    *重賞タイトル
     関東オークス(JpnII)(2020)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     昨年の関東オークスは3番手からの差し切り勝ちで重賞初制覇を飾り、その後は古馬牝馬たちに果敢に挑戦してきました。明け4歳になり初登場!キュンティアの孫娘。

    ■ローザノワール
    *JRA 西園正都 厩舎 牝5歳
    *成績 20戦4勝2着1回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     中央ダート4勝で、2年前の関東オークスは4着。前走のJBCレディスクラシックはスタートで躓き11着。今回はスタートを決めて得意の先手を取っていきたいところ。

    *TCK女王盃の情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第24回 TCK女王盃(JpnIII)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■マルカンセンサー
    大井1/16良 1000m-65.1秒 800m-51.4秒 600m-37.5秒 一杯追
    ■プリンシアコメータ
    美浦1/17W稍 600m-37.1秒 200m-12.2秒 馬なり
    ■マドラスチェック
    美浦1/17坂路 800m-51.6秒 600m-37.4秒 200m-11.8秒 馬なり
    ■マルシュロレーヌ
    栗東1/17坂路 800m-57.9秒 600m-41.7秒 200m-13.8秒 馬なり
    ■レーヌブランシュ
    栗東1/17CW良 1200m-87.2秒 1000m-69.5秒 800m-53.7秒 600m-39.0秒 200m-12.8秒 馬なり
    ■ローザノワール
    栗東1/17坂路 800m-55.6秒 600m-40.1秒 200m-12.4秒 一杯追
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    23 令2 マドラスチェック 牝4 森 泰斗
    22 平31 ビスカリア 牝7 森 泰斗
    21 30 ミッシングリンク 牝4 戸崎 圭太
    20 29 ワンミリオンス 牝4 戸崎 圭太
    19 28 ホワイトフーガ 牝4 大野 拓弥
    18 27 サンビスタ 牝6 C.デムーロ
    17 26 メーデイア 牝6 濱中 俊
    16 25 メーデイア 牝5 濱中 俊
    15 24 ハルサンサン 牝4 今野 忠成
    14 23 ラヴェリータ 牝5 M.デムーロ
    13 22 ユキチャン 牝5 今野 忠成
    12 21 ヤマトマリオン 牝6 幸 英明
    11 20 ラピッドオレンジ 牝5 内田 博幸
    10 19 サウンドザビーチ 牝6 勝浦 正樹
    9 18 グラッブユアハート 牝6 安藤 勝己
    8 17 レマーズガール 牝5 武 豊
    7 16 レマーズガール 牝4 武 豊
    6 15 ネームヴァリュー 牝5 佐藤 隆
    5 14 レディバラード 牝5 藤田 伸二
    4 13 ベラミロード 牝5 内田 利雄
    3 12 ヤマノリアル 牝4 張田 京
    2 11 ケープリズバーン 牝4 熊沢 重文
    1 10 トミケンクイン 牝4 川原 正一