重賞レース

第25回 マイルグランプリ(SII)

  • 2018年10月31日(水)
  • 20:10発走
第24回優勝馬:セイスコーピオン号

スピードと持久力のバランスが試される1マイル(1,600m)戦で、年末の重賞戦線に向けて南関東の有力馬たちが出走します。過去の優勝馬には南関東を代表する数多くの実力馬が名を連ねています。

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第25回 マイルグランプリ(SII)>

    ヒガシウィルウィン
    昨年のNARグランプリ年度代表馬&最優秀3歳牡馬を受賞。牡馬の中では467キロと小柄ですが、2走前のサンタアニタトロフィーは初めて59キロを背負いながらも圧勝し、地力の高さを見せつけました。今回は斤量57キロ。リッカルドとの再戦。

    リッカルド
    エルムSを制している中央の重賞ウイナー。南関東に移籍以降は報知グランプリカップを皮切りに、一気に重賞4連勝を飾るなど、この路線の主役の1頭として活躍中です。今回は3戦目ぶりに南関同士との戦いで、移籍後初のマイル戦。斤量は58キロ。

    バルダッサーレ
    東京ダービーを圧倒的な勝利で飾ってから2年が経ちました。それ以降はこの馬のパフォーマンスが戻らない時期も続きましたが、最近は再び勝ち星を挙げ、走りっぷりからも輝き始めました。2走前のサンタアニタトロフィーはヒガシウィルウィンの2着。

    オメガヴェンデッタ
    中央5勝馬で、今年に入ってから南関東の一員に。移籍以降は4戦とも重賞レースに出走し、先行していくスタイル。勝ち切れないまでも馬券圏内を外さない安定した走りで、タイトルまでもう一歩。移籍初戦のフジノウェーブ記念はリッカルドの2着でした。

    クリスタルシルバー
    大井にもゆかり深いマルヨシロワインの初仔で、今年の南関東クラシック戦線は存在感を示しました。東京ダービーは優勝したハセノパイロからタイム差なしの惜しい2着、ジャパンダートダービーは地方最先着の4着。今回は放牧明けで、古馬への初挑戦。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 高橋華代子のレースレポート

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    24 平29 セイスコーピオン 牡7 赤岡 修次
    23 28 セイスコーピオン 牡6 森 泰斗
    22 27 ソルテ 牡5 吉原 寛人
    21 26 セイントメモリー 牡7 本橋 孝太
    20 25 トーセンアドミラル 牡6 川島 正太郎
    19 24 ピエールタイガー 牡4 真島 大輔
    18 23 ボク 牡6 A.ムンロ
    17 23 中止 -- ------
    16 22 クレイアートビュン 牡6 的場 文男
    15 21 ロイヤルボス 牡5 張田 京
    14 20 デスモゾーム 牡4 真島 大輔
    13 19 フジノウェーブ 牡5 御神本 訓史
    12 18 アジュディミツオー 牡5 内田 博幸
    11 17 ナイキアディライト 牡5 石崎 駿
    10 16 ブラウンシャトレー 牡7 張田 京
    9 15 ベルモントアクター 牡7 石崎 隆之
    8 14 フレアリングマズル 牡4 的場 文男
    7 13 アローセプテンバー 牡6 張田 京
    6 12 インテリパワー 牡5 張田 京
    5 11 ゴールドヘッド 牡4 的場 文男
    4 10 アブクマポーロ 牡6 石崎 隆之
    3 9 コンサートボーイ 牡5 内田 博幸
    2 8 コンサートボーイ 牡4 石崎 隆之
    1 7 アマゾンオペラ 牡4 石崎 隆之