重賞レース

第13回 勝島王冠(SII)

  • 2021年12月8日(水)
  • 20:10発走
第12回優勝馬:カジノフォンテン号

レース名称はTCKの所在地(品川区勝島)に由来します。年末の東京大賞典へのステップレースとして2009年に準重賞から重賞となり、さらに2018年からはグレードが「SIII」から「SII」に格上げされました。年末の大一番を目指す南関東の有力馬がひしめく、ハイレベルで注目度の高いレースです。
<優勝馬に東京大賞典の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第13回 勝島王冠(SII)>
    (11月30日現在)

    セイカメテオポリス
    大井生え抜き馬。2走前の戸塚記念でうれしい初タイトルを獲得し、クラシック戦線の悔しさを晴らす結果になりました。素質馬開花!今回は初の古馬戦に挑戦です。

    フィアットルクス
    中央未勝利から大井入りしコツコツと走り続けながら、今年のブリリアントカップで重賞初制覇!前走は初の浦和コースでもう一歩、今回は慣れた大井コースで改めて。

    ゴールドホイヤー
    昨年の羽田盃馬で、今年の報知グランプリカップも優勝。休養後はこの馬らしさが見られませんでしたが、前走のサンタアニタトロフィーで復活を予感させる2着でした。

    トランセンデンス
    今年の羽田盃とニューイヤーカップの勝ち馬。前走の埼玉新聞栄冠賞は自身初の逃げる形で9着。今回は羽田盃と同距離で古馬戦は2度目、巻き返しを図ります。

    コズミックフォース
    3年前の東京優駿は優勝馬ワグネリアンから0.2秒差の3着。昨年末から南関東に移籍し、オープン戦を好タイムで連勝中。重賞でどんな走りを見せるでしょうか!

    リッカルド
    中央の重賞ウイナーですが、南関東移籍後も重賞4連勝。10歳になった今もなお勝ち星を挙げています。若かった頃は濃いグレーだった毛色も、今ではすっかり真っ白に。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第13回 勝島王冠(SII)>

    (12月6日現在)

    調教追い切り動画はこちら

    ■ゴールドホイヤー
    *川崎 岩本洋 厩舎 牡4歳
    *成績 14戦6勝2着1回
    *重賞タイトル
     報知グランプリカップ(SIII)(2021)
     羽田盃(SI)(2020)
     雲取賞(SIII)(2020)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     ここまでの重賞勝ちは全て1800m戦で、昨年の雲取賞と羽田盃を連勝し、今年の報知グランプリカップも制覇。ササ針休養明けを一度使い2戦目だった前走のサンタアニタトロフィーは、主戦の山崎誠士騎手を背に道中は中団後方から、最後は間を割って進出し、優勝したトロヴァオから0.3秒差の2着でした。

     「復調してきましたね。前回はやめてしまった所もありましたが、今回は集中していました。内回りも対応できましたが、本来なら大井1800m戦の外回りの方がいいと思います」(山崎騎手)。

     能力の高さは関わる皆さんが惚れ込んできた馬ですが、最近はもう少しの成績が続いただけに、生え抜きクラシックホースの久しぶりの好走はうれしい出来事。

     その後は勝島王冠に向けじっくり乗り込んできたそうで、最終追い切りは大井競馬場で、同じ川崎のマンガンと併せてすばらしい動きを見せていたそうです。

     「やり過ぎないように気をつけましたが、動きも時計も満足のいくもので、報知グランプリカップや前走以上の仕上がりだと思います。ズブさ解消で前走は耳覆いを外して、いつも以上に反応が良かったことも功を奏したと思います。乗り方は出たところで誠士(山崎騎手)に任せます。相手も強くなりますが、どんな走りをしてくれるか」(岩本洋調教師)。

    ■コズミックフォース
    *大井 藤田輝信 厩舎 牡6歳
    *成績 18戦5勝2着2回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     コズミックフォースは中央時代にプリンシパルSを勝ち、日本ダービー3着になった馬。昨年末から南関東へ移籍し、藤田輝信厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームでトレーニングを積んでいます。

     ここ2戦は御神本訓史騎手が手綱を取り、オープンレースで2戦2勝。

     前走の武蔵野オープンは、道中3番手から、勝負所で逃げるハルディネロに並びかけると、直線では先頭に立ち後続を引き離しました。ハルディネロはのちのサンタアニタトロフィー3着馬。勝ちタイムは1600m1分38秒1(良)。「競馬が上手でレベルの高い馬」と、御神本騎手も評しています。

     実績で言えば、出走メンバーの中でナンバー1。この舞台で重賞初制覇を決めることはできるでしょうか!

     「前走は力でねじ伏せるような勝ち方で、時計も速かったですよね。大井の1600m戦は内回りコースでトリッキーな面もあるので、1800m戦の方がより能力が出せると思っています。ポテンシャルはかなり高い馬ですし、楽しみにしています」(藤田調教師)。

    ■フィアットルクス
    *大井 藤田輝信 厩舎 牡6歳
    *成績 28戦14勝2着3回
    *重賞タイトル
     ブリリアントカップ(SIII)(2021)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     藤田厩舎は楽しみな馬たちを2頭出し。フィアットルクスは中央時代に8戦未勝利。その後移籍すると、大井競馬場のダートコースで毎朝の調教を積み重ね、C2クラスからコツコツとクラスを上げ、今年のブリリアントカップを優勝。

     「勝負所での進みはあまりいい方ではありませんが、根性のある馬」と主戦の本橋孝太騎手。中央未勝利馬が南関東重賞ウイナーになったことは大きな話題になりました。

     その後も放牧休養を挟みながら常に高いレベルで走り続けているのは力のある証。しかし、前走の埼玉新聞栄冠賞は南関東に移籍後初めての大井競馬場以外のレースで、南関東では初めて掲示板を外す結果(8着)に終わりました。

     敗因としては、そもそもコーナーの進みが良くないタイプなだけに、浦和コースは向かず、大井のような直線の長いコースの方がいいとのこと。今回は走り慣れた大井コースで1800m戦というのも、ブリリアントカップを勝った時と同じ条件。

     「前走は砂をかぶったことで、レース後に目をショボショボさせていて、乗り出しが遅くなりました。その分、リフレッシュできて馬の状態は良くなっていて、気合ものって元気いっぱいです。(大井では)1800m戦は負けなしですし、期待を持って臨みたいです」(藤田調教師)。

    ■トランセンデンス
    *浦和 小久保智 厩舎 牡3歳
    *成績 14戦3勝2着4回
    *重賞タイトル
     羽田盃(SI)(2021)
     ニューイヤーカップ(SIII)(2021)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     今年の羽田盃とニューイヤーカップを勝ち、東京ダービー馬アランバローズとともに、この世代のトップクラスで活躍を続けたトランセンデンス。

     休み明け緒戦だった2走前の戸塚記念は、セイカメテオポリスに屈し惜しくも2着に敗れたものの、東京ダービー(11着)後の一戦だったたけに、改めて力のある所を示しました。

     前走の埼玉新聞栄冠賞は自身初となる古馬戦で、同じ58キロを背負っての競馬。主戦の森泰斗騎手を背に初めて逃げる形になり、3~4コーナーで先輩たちに並ばれながらも食い下がりましたが、控えるアクシデントがあって9着でした。

     「スタートも良かったし、浦和競馬と言うこともあって、奇襲という感じで逃げました。4コーナーで挟まれなければ、もっと上位に来ることができたと思います。3歳馬で先輩たちと同じ58キロを背負って、よく頑張って走ってくれました」と、労っていた森騎手。

     今回は羽田盃と同じ距離の1800m戦で、斤量は前走より3キロ軽くなり55キロ。前回味わった厳しい経験を、ここで生かしたいところ!

     「前走逃げたのはそれだけ馬の元気が良くなってきているということだと思いますが、そもそもは追っかけた方が持ち味は発揮できる馬です。

     今回の条件好転というよりも、馬自体の状態が良くなっています。歩様の硬さもなくなって、クラシックの疲労も抜けてきたなという感じです。包まれる競馬はしたくないので、内枠過ぎるかなという気もしますが、いい競馬はしてくれると思って送り出します」(小久保調教師)。

    ■セイカメテオポリス
    *大井 渡邉和雄 厩舎 牡3歳
    *成績 10戦3勝2着1回
    *重賞タイトル
     戸塚記念(SI)(2021)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     大井生え抜きの重賞ウイナー。素質の高さに定評はあったもののクラシックとは無縁に終わりましたが、2走前の戸塚記念で念願の重賞初制覇!矢野貴之騎手を背に、道中は中団の内を追走し、最後は間を割って鋭く差し切りました。素質馬開花!

     「当初からこの馬は雰囲気が良くて、重賞も狙えるんじゃないかと思っていたので、ひとつ大きいタイトルを取れて非常にうれしいです」(矢野騎手)。

     その後はダービーグランプリへ向かうも、4コーナーで他馬との接触でトモを怪我するアクシデントがあり、不完全燃焼の中でも3着。

     この勝島王冠は古馬たちと初めて戦います。過去12回の中で3歳馬が勝ったのは、プーラヴィーダ(2012年)とモジアナフレイバー(2018年)の2頭。

     「暑さに弱いので、この時期になって馬のコンディションは全てにおいて良くなっています。馬体重も増えていた方がいいです。一週前追い切りでは3頭併せの外から抜群の動きを見せてくれました。来年さらに良くなってくると期待していますが、現状でどのくらいやれるのか。ここまで好成績をあげているのが左回りなので、今の状態で改めて右回りも見てみたいです」(渡邉和雄調教師)。

    *勝島王冠の情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第13回 勝島王冠(SII)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■ゴールドホイヤー
    大井12/3重 1000m-61.8秒 800m-49.5秒 600m-36.3秒 馬なり
    ■コズミックフォース
    牧場12/4坂路 600m-37.7秒 200m-12.0秒 強めに
    ■フィアットルクス
    大井12/4稍 1000m-67.1秒 800m-52.8秒 600m-37.9秒 馬なり
    ■トランセンデンス
    浦和12/3稍 800m-54.3秒 600m-39.0秒 強めに
    ■セイカメテオポリス
    大井12/3重 1000m-67.2秒 800m-53.1秒 600m-38.9秒 馬なり
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    12 令2 カジノフォンテン 牡4 張田 昂
    11 令元 モジアナフレイバー 牡4 繁田 健一
    10 平30 モジアナフレイバー 牡3 繁田 健一
    9 29 ディアドムス 牡5 岡部 誠
    8 28 セイスコーピオン 牡6 森 泰斗
    7 27 ムサシキングオー 牡6 笹川 翼
    6 26 ハブアストロール 牡4 左海 誠二
    5 25 ガンマーバースト 牡6 森 泰斗
    4 24 プーラヴィーダ 牡3 戸崎 圭太
    3 23 スマートインパルス 牡4 A.ムンロ
    2 22 スーパーパワー 牡5 真島 大輔
    1 21 セレン 牡4 石崎 隆之