重賞レース

第64回 羽田盃(SI)

  • 2019年4月24日(水)
  • 20:10発走
第64回優勝馬:ミューチャリー号

レース名は、東京での最初の競馬が1927年に羽田で開催されたことに由来します。南関東3歳クラシック戦線の第一関門となる1,800m戦は、スピードだけでなく持久力も重要な要素です。TCK重賞の中でも上位人気馬が強いレースとして知られています。
<上位5頭に東京ダービー、優勝馬にジャパンダートダービーの優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第64回 羽田盃(SI)>

    ホールドユアハンド
    中央出身馬で、昨年秋から南関東へ移籍。前走のクラウンカップは戸崎圭太騎手を背に逃げ切り勝ちを収め、念願の重賞ウイナーに輝きました。スプリングマンの半弟。

    ステッペンウルフ
    ホッカイドウ競馬出身馬で、昨年の冬から南関東へ。移籍以降4着以下のない堅実派で、3連勝中と勢いは抜群。前走の京浜盃を優勝し、重賞初制覇を飾りました。

    イグナシオドーロ
    ホッカイドウ競馬時代に北海道2歳優駿などを制し、NARグランプリ2歳最優秀牡馬を受賞。移籍初戦になり、ここから始動してきた場合は休み明けでも大注目の1頭。

    ミューチャリー
    南関東生え抜き馬で、鎌倉記念を圧勝した衝撃が忘れられません。その後の2戦はもう少しの成績ですが、力のあるところは示しています。いよいよクラシック戦線へ!

    ウィンターフェル
    ホッカイドウ競馬出身馬。重賞勝ちはないものの、北海道2歳優駿は僅差の2着になるなど、重賞戦線において高いレベルで走り続けています。移籍初戦の京浜盃は2着。

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第64回 羽田盃(SI)>

    (4月22日現在)

    調教インタビュー動画・調教追い切り動画はこちら

    ■ステッペンウルフ
    *船橋 佐藤賢二 厩舎 牡3歳
    *成績 11戦5勝2着2回
    *重賞タイトル
     京浜盃(SII)(2019)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     北海道時代は栄冠賞3着。昨年末から南関東の一員となり、ここまで非常に安定した走りが続いています。前走の京浜盃は御神本訓史騎手が初騎乗し、道中は内の4、5番手を追走。4コーナーに入り各馬が横一線になる大混戦の中、残り200mから抜け出して勝利を飾りました。念願の重賞初制覇で、北海道時代の実績上位馬たちを一蹴。

     「抜け出すまでは速かったですが、抜け出してからはソラを使ってフワフワしていました。余力はあるのですが一生懸命に追わなきゃいけないと思って乗りました。レースはすごく上手ですね。あまり力んで走ることもないので、2000mまでは持ちそうなイメージです」(御神本騎手)。

     目下3連勝中と勢いは抜群!!!

     今回は御神本騎手がこれまでコンビを組んできたミューチャリーに騎乗するため、矢野貴之騎手と初コンビ。厩舎の先輩ハセノパイロも羽田盃から矢野騎手が騎乗し、東京ダービー馬の称号を得ましたが、ステッペンウルフはどんなクラシック戦線を歩んでいくことになるのでしょうか?!

     「気の難しさはある馬ですが、前より真面目に走れるようになってきたと思います。うちに来てからは先行していく競馬が続いていましたが、前走で差す競馬も見られたのは収穫ですね。砂をかぶっても気にしないし、競馬が上手なのは強みです。今回はかなり混戦だと思いますが、ステッペンウルフもサクセッサーもいいモノは持っている馬たちなので頑張って欲しいです」(佐藤賢二調教師)。

    ■ウィンターフェル
    *船橋 川島正一 厩舎 牡3歳
    *成績 9戦3勝2着4回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     北海道時代は北海道2歳優駿やサンライズカップ、栄冠賞を2着、全日本2歳優駿は地方最先着の5着。

     南関移籍初戦となった京浜盃は前走に続き森泰斗騎手が手綱を取り、道中は3、4番手につけ手応えよく上がっていくも、最後の直線で抜け出したステッペンウルフを交わせず2着。

     「力はありますが全然集中仕切れていません。道営時代からこういう感じではあったようですが……。馬が横にいても気持ちが途切れがちになる感じで、乗り役泣かせです。距離は延びたほうが道中はゆったりと走れるのでいいと思います」(森騎手)。

     気の難しいタイプでも、能力はかなりある!というのは関わる人たちが共通して言っていたこと。秋葉厩務員のお話しでは、一度使ったことで体調面や毛づや、息の入り具合などが良化しているそうです。

     この中間は引き続き調教パートナーの庄司大輔騎手を背にし、実戦を見据えて、調教中にはゴール板のところで前を行く馬を交わすような内容を意識的に行ってきたそうです。あとは本番でどうか……。

     さらに、これまでは集中力を高めさせるためにチークを着用していましたが、逆に馬を見せた方がやる気を出すのではと、今回はチークを外して走らせる予定です。

     「並んでいるうちはいいのですが抜け出そうとすると反応しないというか、前回も4コーナーで抜群の動きだったので、どのくらい離してくれるのかなと思いましたが……。能力自体はあるのでこの馬の力を出し切って欲しいですね。羽田盃を2頭出しさせてもらうので同着優勝目指したいです。それだけの馬たちだと思っています」(川島正一調教師)。

    ■ホワイトヘッド
    *船橋 川島正一 厩舎 牡3歳
    *成績 7戦2勝2着0回
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     北海道時代には北海道2歳優駿4着の実績があるホワイトヘッド。前走の京浜盃が南関移籍初戦。道中は後方2番手から、勝負所で一気に大外から上がっていき、最後の直線ではメンバー中1番の上がり39秒3の脚を繰り出し3着に入りました。

     「エンジンを徐々にかけていこうと思ったらかなり外を回る形になりましたが、それでも勝っちゃうんじゃないかなっていうくらいの手応えでした。馬体重のプラス20キロもよくなってのものだと思いますよ。距離が延びても大丈夫そうです」(本橋孝太騎手)。

     厩舎サイドとしては、レース前の段階からポテンシャルの高さは感じながらも、途上であることと現段階の完成度の部分からまだ控えめだっただけに、この馬のパフォーマンスにはいい意味で驚きを隠せないようでした。

     一度使った効果もたっぷりあるそうで、「前走後は疲れもなかったので順調に進めることができました。全体的な雰囲気が違うし、いい意味で落ち着きも出てきました。柔らかい馬で、素直だし、能力はピカイチですね」(飯田厩務員)。

     京浜盃は優勝したステッペンウルフには0.4秒差つけられましたが、上積み十分の今回、その差がどうなっているのか非常に興味深いところ。

     「馬は確実にパワーアップしているし、今は早くレースを見たいっていう気持ちです」(川島正一調教師)。

    ■ミューチャリー
    *船橋 矢野義幸 厩舎 牡3歳
    *成績 5戦3勝2着1回
    *重賞タイトル
     鎌倉記念(SII)(2018)
    *詳細データ[ → ]
    *調教タイム[ → ]

     南関デビュー馬で、無敗で鎌倉記念を制した時のパフォーマンスは圧巻でした。道中3番手内目から、最後の直線で弾け飛んでくる姿に、多くの人たちが魅了。勝ちタイムの1500m1分33秒6(良)は、14年ぶりのレースレコード更新。

     前走の雲取賞は中団後方から、勝負所では一気に大外から上がっていき、逃げ粘ったヒカリオーソには届きませんでしたが一番の上がりを繰り出し2着。初コースや初右回り、初距離、57キロの斤量と、初物尽くしの中でも走り抜きました。

     「ペースが遅すぎても最後はつかまえられるかなと思いましたが、向こうもまた伸びましたね。右回りも関係ないし、心配していた距離も持ちました。今後に向けて収穫はありましたよ」と、レース後の御神本訓史騎手。

     その後の京浜盃はスキップし、間隔を空けて羽田盃に向けてじっくり調整をしてきたのは予定通り。「久しぶりのナイターなので暗い時間に調教に乗ってきました。前回よりも攻められているし、相変わらず馬は元気がいっぱいです!雲取賞の時よりも落ち着きがあるし、力を出して欲しいです」(森久保仁志調教師補佐)。

     鎌倉記念でのパフォーマンスを考えると、スケールの大きな馬であることに変わりはありません。この馬の末脚がどのくらい炸裂するのか……。南関生え抜きトップの評価だったミューチャリーが、いよいよクラシック1冠目に立ちます。

     *矢野義幸調教師のコメントは重賞インタビューをご覧ください!

    *羽田盃の情報は、南関魂でもお伝えしていきます!

    第64回 羽田盃(SI)直前情報 調教タイム (協力:日本競馬新聞協会)

    ■ステッペンウルフ
    船橋4/20稍 1200m-77.5秒 1000m-62.3秒 800m-49.2秒 600m-37.2秒 強めに
    ■ウインターフェル
    船橋4/20稍 1000m-66.0秒 800m-50.3秒 600m-37.1秒 一杯追
    ■ホワイトヘッド
    船橋4/20稍 1000m-69.4秒 800m-51.4秒 600m-38.3秒 馬なり
    ■ミューチャリー
    船橋4/20稍 1200m-82.5秒 1000m-64.2秒 800m-48.6秒 600m-36.0秒 末一杯追
  • 高橋華代子のレースレポート

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第64回 羽田盃(SI)>

    優勝インタビュー動画はこちら

     今年の南関東クラシック1冠目・羽田盃は、平成最後の南関重賞レース。鎌倉記念の勝ち馬ミューチャリー(1番人気)をはじめ、京浜盃の覇者ステッペンウルフ(3番人気)、2着のウィンターフェル(2番人気)、3着のホワイトヘッド(4番人気)など、これからの南関東を担っていく精鋭たち16頭が集結しました。

     終わってみれば、御神本訓史騎手がエスコートをした1番人気ミューチャリー(船橋・矢野義幸厩舎)の切れ味が炸裂。他馬が止まって見えるかのようなあの末脚には度肝を抜いた人たちも多かったでしょう。

     「この馬の最大の武器は脚の鋭さです。関係者の皆さんは、休み明けでもしっかり仕上げてくださって、ミューチャリーもそれに応えてくれました。想像以上の内容でした」と御神本騎手も絶賛。

     レースは、トーセンボルガが1000m通過62秒のペースで逃げていき、縦長の展開。人気馬たちのポジション取りは、ウィンターフェルが5番手、ステッペンウルフはその後ろから進め、ミューチャリーは中団後方。

     「雲取賞よりもスタートからペースは流れていて、いつもそんなに前に行ける馬ではないのであの位置からになりました。直線を向けば持ち味の末脚は使ってくれると思っていたので、あとは進路をどこに取ろうかなと」。

     ミューチャリーは、最後の直線に入るところでは前から7、8頭目。ウィンターフェルがジワッと先頭に立ち、すかさず好位につけていた女傑ジーナフォンテンの愛息カジノフォンテンも食らいついていく中、内から外に持ち出したミューチャリーが、36秒9の最速の上がりで一気に抜き去りました。

     「前にいた馬たちを交わして、あとは後ろから来るのはどの馬かなとも考えたのですがいないだろうなぁと……。それでも最後まで気は抜かせないようにしました。考えていた以上の着差で、ホントいい内容でした」。

     1頭突き抜けたミューチャリーは、2着のウィンターフェルに5馬身差。勝ちタイムは1800m1分53秒5(良)。3着にはステッペンウルフが入り、4着がカジノフォンテン、5着にはルースリンド産駒のヤマショウブラックが入り、ここまでが東京ダービーへの優先出走権を獲得しました。

     レース後、「ミューチャリーは強すぎる」という声が至る所から聞こえてきて、次の東京ダービーはもちろんのこと主役の1頭。

     「ミューチャリー自身はいつも一生懸命に走ってくれていますが、あとはその日の馬場条件や展開もあるので、前回(雲取賞・2着)のような結果も起きてくるのかなと。羽田盃はこんなに強い勝ち方をしてくれて、このまま東京ダービーに向けて順調にいってもらいなと、それだけです」。

     ミューチャリーは船橋競馬場からデビューした生え抜き馬。無敗で鎌倉記念を制し、全日本2歳優駿は中央勢を相手に勝ち馬から1秒1差の6着。雲取賞はヒカリオーソの2着となり、その後は体重維持などに難しい面もあることから、京浜盃はスキップし、この1冠目に向けてじっくりと調整をしてきたことも功を奏した形です。

     64代目の羽田盃馬が誕生。新時代・令和に向けて大きな夢を描きたくなる、そんな平成最後の南関重賞レースに酔いしれた夜でした。



    <他陣営のコメント>

    2着 ウィンターフェル 森泰斗騎手
    「今回はチークを外しましたが、馬の気配を感じられた方がちゃんと走っていて、この間よりも集中して成長を感じました。うまく走っているとは思うのですが、今日は勝ち馬の切れがすごかったです。距離が延びた方はいい馬なので、次は逆転したいです」

    3着 ステッペンウルフ 矢野貴之騎手
    「いい位置を取れているなという感覚はあったし、4コーナーでは泰斗さん(ウィンターフェル)も交わせるなっていう感じだったのですが、御神本さん(ミューチャリー)がすごい勢いでやってきて、あの切れ味に馬がびっくりしたようで、ハミが抜けた感じになりました」

    4着 カジノフォンテン 本田正重騎手
    「スムーズな競馬をさせたかったので、イメージ通りには乗れました。4コーナーでは結構頑張っているなと見せ場はあったのですが、最後は止まってしまいました。東京ダービーの優先出走権は取れたのでよかったです」

    5着 ヤマショウブラック 高松亮騎手
    「内で脚をためて、最後はいい脚を使ってくれました。距離は延びてもやれると思います」

    6着 ホワイトヘッド 本橋孝太騎手
    「2走ボケなのか?実力は全然出していません。行きっぷりはよかったのですが、3コーナーからミューチャリーの後ろからついていこうと思ったら、反応がありませんでした。直線で手前も替えませんでした。レース後は息もすぐに入ったと聞いていますし、もっと走れる馬ですが……」

    7着 アエノエンペラー 的場直之調教師
    「テンのスピードがまだ足りないですが、もう少し前についていきたかったです。最後も伸びてはいるのですが、前残りの競馬になってしまいました。今日は勝った馬が強かったですね。距離が延びるのはいいと思います」

    8着 サクセッサー 石崎駿騎手
    「1周目のゴール板前で折り合いはつきそうだったのですが、1コーナーに入ってから少しかかってしまって、なかなか(ハミが)抜けないまま4コーナーに行ってしまいました。馬もその気になりすぎていました」

    9着 ジョーパイロライト 張田昂騎手
    「いつもはうるさいくらいの馬なのですが、今日は落ち着いていました。もっと走れると思いましたが……」

    10着 アギト 左海誠二騎手
    「進みはいつもこんな感じですが、間隔がない分もあるのかな。あと、馬場も湿っているくらいの少し軽い方がいいかもしれません」

    11着 オーシャンブラック 柏木健宏騎手
    「位置取りはもうひとつ前で進めたかったのですが、相手は強かったです」

    12着 フォルベルス 町田直希騎手
    「道中はちょっとムキになって走っていて、最後はその分なのか、苦しがってササっていました。もっと短い距離の方が持ち味は生きそうですね」

    13着 シビックヴァーゴ 笹川翼騎手
    「折り合いはつきますがテンションが課題の馬で、上のクラスではもう少し落ち着きが出てきてくれれば。今回はチグハグな競馬になってしまって、終始リズムがよくありませんでした。もっと走れる馬なので、東京ダービーはいいところを引き出したいです」

    14着 フォルデュラン 楢崎功佑騎手
    「この馬なりには一生懸命頑張って走ってくれています」

    15着 トーセンボルガ 川島正太郎騎手
    「前回1000mを使っていたのもあって、馬なりで逃げることができました。道中向正面の半ばくらいから並びかけられて、正直もうひと呼吸入れたかったのですが……。小回りの1500mや1600mくらいの方がもっと持ち味は生きそうですね」

    16着 ハナズボンダイ 達城龍次騎手
    「周りが速くてハナに行けなくて、向正面半ば過ぎくらいから手応えが怪しくなりました。マイルくらいの方がもっとよさそうです」
  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    64 平31 ミューチャリー 牡3 御神本 訓史
    63 30 ヤマノファイト 牡3 本橋 孝太
    62 29 キャプテンキング 牡3 矢野 貴之
    61 28 タービランス 牡3 森 泰斗
    60 27 ストゥディウム 牡3 石崎 駿
    59 26 ハッピースプリント 牡3 吉原 寛人
    58 25 アウトジェネラル 牡3 御神本 訓史
    57 24 アートサハラ 牡3 今野 忠成
    56 23 クラーベセクレタ 牝3 戸崎 圭太
    55 22 シーズザゴールド 牡3 内田 博幸
    54 21 ナイキハイグレード 牡3 戸崎 圭太
    53 20 ニックバニヤン 牡3 的場 文男
    52 19 トップサバトン 牡3 石崎 駿
    51 18 サンキューウィン セン3 左海 誠二
    50 17 シーチャリオット 牡3 内田 博幸
    49 16 トキノコジロー 牡3 山田 信大
    48 15 ナイキアディライト 牡3 石崎 隆之
    47 14 プリンシパルリバー 牡3 石崎 隆之
    46 13 トーシンブリザード 牡3 石崎 隆之
    45 12 イエローパワー 牡3 石崎 隆之
    44 11 オリオンザサンクス 牡3 早田 秀治
    43 10 ゴールドヘッド 牡3 的場 文男
    42 9 キャニオンロマン 牡3 吉井 竜一
    41 8 ナイキジャガー 牡3 的場 文男
    40 7 ヒカリルーファス 牡3 佐々木 竹見
    39 6 スペクタクル 牡3 張田 京
    38 5 ブルーファミリー 牡3 的場 文男
    37 4 カシワズプリンセス 牝3 高橋 三郎
    36 3 アーバントツプ 牡3 田部 和廣
    35 2 アウトランセイコー 牡3 高橋 三郎
    34 平元 ロジータ 牝3 野崎 武司
    33 昭63 リユウコウキング 牡3 佐藤 隆
    32 62 シナノデービス 牡3 的場 文男
    31 61 ハナキオー 牡3 堀 千亜樹
    30 60 マルゼンアデイアル 牡3 的場 文男
    29 59 キングハイセイコー 牡3 高橋 三郎
    28 58 サンオーイ 牡3 赤間 清松
    27 57 ホスピタリテイ 牡3 西川 栄二
    26 56 コーナンルビー 牝3 堀 千亜樹
    25 55 タカフジミノル 牡3 赤間 清松
    24 54 ソウルシヤトー 牡3 赤間 清松
    23 53 ハツシバオー 牡3 宮浦 正行
    22 52 タケノオーカン 牡3 佐々木 竹見
    21 51 ダイハードコトブキ 牡3 桑島 孝春
    20 50 ゴールデンリボー 牡3 赤間 清松
    19 49 ミツルコトブキ 牡3 渥美 忠男
    18 48 ヨウコウザン 牡3 岡部 正道
    17 47 トキワタイヨウ 牡3 赤間 清松
    16 46 フジプリンス 牡3 溝辺 正
    15 45 ダイニヘルスオー 牡3 出藤 篤
    14 44 ヤマノタイヨウ 牡3 田畑 勝男
    13 43 チヤイナーキヤツプ 牡3 赤間 清松
    12 42 ヒカルタカイ 牡3 竹山 隆
    11 41 イチシデン 牡3 赤間 清松
    10 40 マサホウ 牡3 宮下 紀英
    9 39 コトブキノニ 牡3 溝辺 正
    8 38 コクユウ 牡3 宮下 哲朗
    7 37 ボールドプライド 牡3 荒山 徳一
    6 36 ヤグチホープ 牡3 矢熊 壽
    5 35 ダイサンコトブキ 牡3 矢熊 壽
    4 34 ハルセキト 牝3 武智 一夫
    3 33 ダイニコトブキ 牡3 須田 茂
    2 32 ハツユキ 牡3 永井 繁
    1 31 オートネ 牡3 栗田 武