文字サイズ変更

フジノウェーブ号の引退について

news

2007年のJBCスプリント(JpnⅠ)競走などを制した、フジノウェーブ号(牡11、高橋三郎きゅう舎)は、8月28日に実施したアフター5スター賞(SⅢ)競走後、右第一指節種子骨剥離骨折、種子骨靭帯炎を発症し、本日付で地方競馬登録抹消の申請をしましたのでお知らせいたします。
同馬は、2007年JBCスプリントを制し、地方所属馬で唯一のJBC競走制覇を達成したほか、南関東所属馬で初となる同一重賞(東京スプリング盃)4連覇や11歳での重賞制覇など、数々の金字塔を打ち立てました。通算の重賞タイトルは9つを数えるなど、長年にわたりダート重賞戦線を盛り上げました。
フジノウェーブ号は、引退後、大井競馬場での誘導馬デビューを目指します。また、引退式は、骨折が癒えたのち、年末を目途に実施する予定です。


<高橋三郎調教師コメント>

今まで8年間という長い間、厩舎を支えてくれて感謝しています。長年、騎手や調教師をやってきたが、こういった馬にはなかなか出会えなかったし、またウェーブのような馬に巡り合えればと思います。
今後は大井競馬場の誘導馬として、ファンの皆さまに喜んでもらえる存在になってもらいたいです。


<御神本訓史騎手コメント>

主戦として騎乗させてもらい、数々の重賞タイトルを獲り、地方馬初のJBCを勝たせてもらうなど、ここまで自分を成長させてくれた一頭で、強い思い入れがあります。また、同一重賞4連覇を達成した際の、鞍上を務めさせてもらったことは、非常に光栄に思っています。
本当にいろいろな経験をさせてくれてありがとうと伝えたいですし、11歳という長い間までお疲れ様という言葉をかけてあげたいです。


★ フジノウェーブ号(参考)

性 齢 : 牡11歳
血 統 : 父:ブラックタイアフェアー
母:インキュラブルロマンティック(母父)Stop the Music
馬 主 : 大志総合企画㈱
生産者 : 笹島政信
調教師 : 高橋三郎
戦 績 : 59戦23勝
地方収得賞金 : 377,706,000円
中央収得賞金 : 11,700,000円

<2007年 JBCスプリント優勝時>
重賞勝鞍 : 2007年 東京シティ盃(G3)、マイルグランプリ(SⅡ)、JBCスプリント(JpnⅠ)
2008年 東京盃(JpnⅡ)
2009年 東京シティ盃(SⅢ)
2010年 東京スプリング盃(SⅢ)
2011年 東京スプリング盃(SⅢ)
2012年 東京スプリング盃(SⅢ)
2013年 東京スプリング盃(SⅢ)

成績等については、9月10日現在の内容となります。
重賞の格付けについては、当時の表記を用いています。