文字サイズ変更

~あの名馬が帝王賞の舞台に帰ってくる!~ ボンネビルレコード号 誘導馬デビュー!

event

2007年の帝王賞(JpnⅠ)を制覇したボンネビルレコード号が、6月26日(水)に実施するダートNO.1決定戦「第36回帝王賞」当日に、誘導馬としてデビューします。 同馬は、帝王賞のほか、かしわ記念(JpnⅠ)など重賞競走7勝のタイトルを獲得し、長年にわたりダート重賞戦線を盛り上げました。現役引退後は、誘導馬になるためにTCKで訓練を積み、同馬が制した帝王賞の舞台に、誘導馬として帰ってきます。 上半期グランプリレース「帝王賞」に登場する、ボンネビルレコード号の雄姿をぜひご覧ください。

ボンネビルレコード誘導馬への道(特設サイト)はこちら[⇒]

実施日 : 6月26日(水)
実施時間 : ①18時35分頃、②20時00分頃
本場馬入場時のみの登場となります。


<2007年 帝王賞優勝時>

<誘導馬 練習風景>


★ ボンネビルレコード号(参考)
生年月日 : 2002年3月12日
血 統 : 父 アサティス母 ダイワスタン(母父)マルゼンスキー
馬 主 : 塩田清
生産者 : 浜本幸雄
調教師 : 庄子連兵
戦 績 : 74戦9勝
地方収得賞金 : 474,278,000円
重賞勝鞍 : 2005年 東京記念(G2)、黒潮盃(G2) 2006年 サンタアニタトロフィー(G3) 2007年 帝王賞(JpnⅠ)、金盃(SⅡ) 2008年 かしわ記念(JpnⅠ)、日本テレビ盃(JpnⅡ)

荒天や馬の体調等の理由により、デビュー日程を変更する場合がありますのでご了承ください。 重賞の格付けについては、当時の表記を用いています。