文字サイズ変更

地方競馬史上初、12月29日東京大賞典当日より
オーストラリア・ニュージーランドで大井競馬の勝馬投票券が買える!

news

東京シティ競馬(TCK)は、楽天競馬との共同事業として、12月29日(木)東京大賞典当日よりレジャーとエンターテイメントの分野でサービスを提供するTab Corp Holdingsの衛星放送事業者「Sky Channel」に、英語の実況音声やテロップを付けた大井競馬のレース映像を、オーストラリアとニュージーランドの2か国へ配信を開始いたします。海外で日本の地方競馬の映像ライブ配信が可能になるのは、今回が初めてとなります。
また、オーストラリアとニュージーランドの競馬ファンは、日本から提供される「大井競馬」の競走映像をもとに、両国の勝馬投票券発行団体が独自に発行する勝馬投票券を、国内の「TAB」と呼ばれる場外発売所約4,000か所や「TAB」のオンラインサイトとアプリから購入することができるようになります。

場外発売所「TAB」

TCKでは、これまでも国際化への取り組みを行ってきました。1996年(平成8年)からは、アメリカのサンタアニタ競馬場との友好交流競走であるサンタアニタトロフィーを実施。2011年(平成23年)には東京大賞典を地方競馬初の国際GⅠ競走として実施。2013年(平成25年)からは日韓交流競走であるインタラクションカップを実施しています。
今年は、トゥインクルレース開始から30周年です。この記念すべき年に、年末のビッグレースである東京大賞典を映像配信することにより、日本国内だけでなく、海外のお客様にも、TCKの質の高いレース、迫力あるレースをお楽しみいただけるようになります。

今後は、大井競馬場に来場される海外のお客様をおもてなしするため、場内での英語実況の活用も検討していきます。TCKは、多くの観光客が来日する2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、これまで以上に世界各国との交流を深め、TCKの国際化を推進してまいります。