文字サイズ変更

第2回アジアチャレンジカップ レース結果韓国所属のチェガンシラー号が優勝(レース映像更新)

race

本日8月30日、ソウル競馬場で「第2回アジアチャレンジカップ」(11頭立て・ダート1,200m・左回り)が実施され、TCKからは2頭が招待を受けて出走しました。

レースは、韓国所属のチェガンシラー号が勝利しました。勝ちタイムは1分11秒0(コースレコード)。
またTCKから参戦した2頭の結果は、コウギョウダグラス号(柏木健宏騎手・松浦裕之厩舎)がTCK所属馬最先着の5着、タイセイレジェンド号(的場文男騎手・藤田輝信厩舎)は9着となりました。

なお、10月13日(火)には韓国馬を招待し、大井競馬場で日韓国際交流競走「’15インタラクションカップ」を実施する予定です。

優勝したチェガンシラー号
5着 コウギョウダグラス号
9着 タイセイレジェンド号

2015.8.30 韓国・ソウル競馬場 第2回アジアチャレンジカップ レース映像はこちら〔⇒〕

2015.8.30 韓国・ソウル競馬場 第2回アジアチャレンジカップ レース後の陣営インタビュー はこちら〔⇒〕

<KRAサイトで出馬表や競走結果、映像を見る方法>はこちら〔⇒〕

2015.8.29 韓国・ソウル競馬場 アジアヤングガンズチャレンジ2015 笹川騎手インタビューはこちら〔⇒〕