文字サイズ変更

第2回アジアチャレンジカップの実施要項 及び 大井所属の出走予定馬について

news

東京シティ競馬(TCK)は、競走の国際化によるTCK全体のレベルアップを目指し、昨年に引き続き韓国との国際交流競走を、ソウル競馬場及び大井競馬場にて実施いたします。

昨年からシンガポール所属馬にも開放されたソウル競馬場での国際交流競走「アジアチャレンジカップ(SBSスポーツ杯)」では、そのシンガポール所属馬のエルパドリーノ号が優勝。一方、南関東所属馬にも開放された大井競馬場の国際交流競走「’14インタラクションカップ」は、船橋のサトノデートナ号が優勝するなど、一昨年以上にレベルの高い競走が行われました。

今年も8月に韓国のソウル競馬場で第2回アジアチャレンジカップを実施し、10月には大井競馬場で「’15インタラクションカップ」を実施いたします。

なお、ソウル競馬場で行われるアジアチャレンジカップの概要は下記のとおりです。

<韓国における交流競走>(KRAによる発表)
1.開催日 平成27年8月30日(日)
2.場所 ソウル競馬場(韓国 果川市)
3.名称 「第2回アジアチャレンジカップ競走(KGⅢ)」
4.距離 1,200m(左回り)
5.出走資格 サラブレッド系3歳以上 (サラ系は出走不可)
6.出走頭数 16頭(大井所属馬・シンガポール馬は各最大3頭まで)
7.負担重量 3歳 55㎏  4歳以上 57kg
牝馬 2kg減 南半球産3歳馬 1.5kg減
8.1着賞金 1着 220,000,000ウォン(日本円で約2,420万円、1ウォン≒0.11円で換算)

昨年のアジアチャレンジカップ優勝馬:エルパドリーノ号

●競走概要について

1.韓国における交流競走[韓国馬事会(KRA)による発表]
(1)開催日平成27年8月30日(日)
(2)場所ソウル競馬場(韓国果川市)
(3)名称「第2回アジアチャレンジカップ競走(KGⅢ)」
(4)距離1,200m(左回り)
(5)出走頭数16頭(大井所属馬・シンガポール馬は各最大3頭まで)
(6)負担重量3歳 55kg 4歳以上 57kg 牝馬 2kg減 南半球産3歳馬 1.5kg減
(7)賞金 1着 220,000,000ウォン
(日本円で約2,420万円、1ウォン≒0.11円で換算)
2着 84,000,000ウォン
3着 56,000,000ウォン
4着 24,000,000ウォン
5着 16,000,000ウォン

●出走予定馬について

選定馬(3頭)
馬 名 性齢 調教師 騎乗予定騎手
大井 コウギョウダグラス 牡8 松浦 裕之 柏木 健宏
大井 タイセイレジェンド 牡8 藤田 輝信 的場 文男
大井 ローレルイニシオ 牡6 渡部 則夫 早田 功駿