文字サイズ変更

大井競馬場&韓国ソウル競馬場における 国際交流競走の実施について

news

東京シティ競馬(TCK)は、競走の国際化によるTCK全体のレベルアップを目指し、昨年に引き続き韓国との国際交流競走を実施いたします。

昨年ソウル競馬場で行われた「第21回SBS ESPN杯 韓日競走馬交流競走」では、的場文男騎手騎乗のトーセンアーチャー号(大井・橋本和馬厩舎)が優勝する一方、大井競馬場で行われた「インタラクションカップ」では、ソ・スンウン騎手騎乗のワッツヴィレッジ号(韓国・ウ・チャング厩舎)が優勝するなど一進一退の白熱した交流競走が行われました。

今年は8月に韓国のソウル競馬場で韓日国際交流競走を実施し、11月には大井競馬場で日韓国際交流競走を実施いたします。日韓国際交流競走については、後日詳細をお知らせいたします。

なお、ソウル競馬場で行われる韓日国際交流競走の概要は下記のとおりとなっています。

<韓国における交流競走>(KRAによる発表)
1.開催日 平成26年8月31日(日)
2.場所 ソウル競馬場(韓国ソウル市)
3.名称 「アジアチャレンジカップ2014 (SBSスポーツ杯)」(仮称)
4.距離 1,400m(左回り)
5.出走資格 サラブレッド系3歳以上
6.出走頭数 日本馬3頭(大井所属馬)を含むフルゲート14頭
7.負担重量 3歳 55㎏  4歳以上 57kg
牝馬 2kg減 南半球産3歳馬 2kg減
8.1着賞金  1着 137,500,000ウォン(日本円で約1,375万円、1ウォン≒0.1円で換算)

昨年のゴール前画像
優勝馬:トーセンアーチャー号

●ソウル競馬場について

1.韓国馬事会(KRA)ソウル競馬場について

施設規模
(1)総面積 1,149,937㎡
(2)スタンド収容人数 約77,000名
(3)コースは左回り(外回り1,800m、内回り1,600m)、直線450m、幅員25m(直線の幅員は30m)
(4)馬場はダート(朝鮮半島西側の海砂(硅砂含量が多い)を使用)、砂厚は7 cm
外周の高低差は4m(2コーナーのポケットにある1,400m発走地点から4コーナ過ぎまで4m下り、ゴールまでの残り400mは2mの上りとなります。)
平成26年8月31日の交流競走はソウル競馬場の1,400mで施行されます。
2.ソウルの気候(過去の8月21日~9月4日における平均値)
(1)気温最高気温 28.4℃
最低気温 20.8℃
(2)降水量9.9㎜
(3)湿度8月で約80%、9月で約70%