ニュース

News

東京シティ競馬2021年度のコミュニケーションテーマは
「誇りにまみれよ、オトナたち。」
イメージキャラクターは菜々緒さん、志尊淳さんに決定!

イメージソングはDREAMS COME TRUE「決戦は金曜日-DOSCO prime Version-」に!

東京シティ競馬(TCK)は、本日、YouTube動画配信により、2021年度事業計画を発表しました!

2021年度のコミュニケーションテーマ「誇りにまみれよ、オトナたち。」には、社会情勢が目まぐるしく変化する今こそ、「誇りを持ち、顔を上げ、自分らしく前へ進もう」という想いが込められています。

2021年度TCKイメージキャラクターには、女優の菜々緒さん、俳優の志尊淳さんのお二人を起用し、トゥインクルレース35周年というアニバーサリーイヤーを大いに盛り上げていただきます。

また、2021年度は、イメージソングにDREAMS COME TRUE「決戦は金曜日-DOSCO prime Version-」を起用しました。皆さまにはTCKが開催される夜を「どんどん」好きになっていただけると幸いです。

菜々緒さん、志尊淳さんには、テレビやインターネット等を通じて、TCKの魅力を皆さまに伝えていただきますのでご期待ください!(詳細は決定次第お知らせいたします)

「誇りにまみれよ、オトナたち。」コンセプトムービー

菜々緒さん、志尊淳さんの就任メッセージムービーを公開!

2021年度TCKイメージキャラクターに就任した、菜々緒さんと志尊淳さんがファンへ向けたメッセージムービーなどを下記URLよりご覧いただけます。ぜひご覧ください!

■2021年度TCKイメージキャラクター特設サイトURL
https://www.tokyocitykeiba.com/special_page/tck_character2021/

■TCK公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPSZn8iMXln9o89SpmeJ6wg
※TCK2021年度事業計画プレスブリーフィングは、こちらでご視聴いただけます。

【2021年度トゥインクルレース イメージソング】
アーティスト DREAMS COME TRUE
曲名 「決戦は金曜日-DOSCO prime Version- 」(ドスコ・プライム・バージョン)
【アーティストプロフィール】

ベーシストでありコンポーザー、アレンジャーの中村正人と、ヴォーカリストでありコンポーザー、パフォーマーである吉田美和の二人からなるDREAMS COME TRUEは、二人であることを核に、楽曲のクリエイトにおいては時代に合わせた形を柔軟に模索してきた。特に、デビュー30周年を迎えた2019年以降、それはより新しい形となって現れている。

2020年にリリースされたシングル『YES AND NO/G』では、〝新たなドリカム 〟を予感させる斬新なサウンドメイクに着手し、最新アルバム『DOSCO prime』では、自らの曲を解体し再構築するというコンヴァージョン的手法を取り入れている。そして、ヴァーチャルドリカムとして3Dアヴァター「MASADO & MIWASCO」が「VTuber Fes Japan 2021」でデビュー。リアル世界でもヴァーチャル世界でも今後の活躍に期待がかかる。

また中村正人は、歴史的メガヒットとなったゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ1&2」の作曲/編曲を担当。その中の1曲『Emerald Hill Zone』が来年公開予定のハリウッド大作「Sonic the Hedgehog 2 (2022) – Title Announcement – Paramount Pictures」で起用され話題となっている。

■「決戦は金曜日-DOSCO prime Version-」フルバージョンはこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=hQ9JXKxE0d0

2021年度トゥインクルレースTOPICS
(1)「競走の魅力向上」への取り組み

TCKでは、競馬場にとって重要な施策である「競走の魅力向上」について、2021年度に以下のような施策を実施いたします。

1 2歳重賞競走体系の充実

2歳馬の重賞競走の体系の充実を図るべく、ゴールドジュニア競走(SIII)の距離を1,400mから1,200mに変更いたします。

2 重賞賞金の引き上げ

良質な競走馬が出走する環境の整備と、魅力ある競馬番組の提供のため、下記の重賞の賞金を引き上げます。

・東京ダービー 1着賞金4,200万円 → 5,000万円
・帝王賞 1着賞金6,000万円 → 7,000万円
・ジャパンダートダービー 1着賞金4,500万円 → 6,000万円

3 大井競馬場での左回りレースの導入

昨年3月に発表いたしました、「左回りレースの導入」については、本年の秋頃を目途に運用を開始する予定です。

海外競馬のコースはほとんどが左回りであることから、大井競馬場でも左回りの環境を整備することにより外国馬の出走誘致を目指し、お客様にTCKでの新しい競馬の楽しみ方を提供します。同一コースでの右・左両回りレースの実施は、現在、他の競馬場にはない取組です。

(2)トゥインクルレース35周年記念事業

2021年度は、TCKが1986年7月31日に日本初のナイター競馬「トゥインクルレース」を実施してから、35周年の記念すべき年になります。記念ショートムービーの制作とその展開など、ファンの皆様との35年間をお祝いするさまざまな施策を予定しております。

(3)映像配信やオンライン施策の充実

昨年11月から本年1月の重賞競走開催日に実施いたしました、スポーツ配信チャンネル「DAZN(ダゾーン)」でのレース配信を拡充するほか、レース中継映像についても、映像コンテンツの強化や、迫力あるレース映像の制作に取り組み質・量ともに充実を図ります。

また、オンラインでのキャンペーンなど、ファンの皆さまが自宅などの競馬場外で楽しめる企画を実施してまいりますので、ぜひご期待ください。

詳細は決定次第お知らせいたします。