文字サイズ変更

史上初の韓国との国際交流競走
「日韓交流競走 インタラクションカップ競走」開催!

race

東京シティ競馬(TCK)は、競走の国際化及びTCKのレベルアップを目指し、11月26日(火)に韓国との国際交流競走を実施します。今回、このレース名が「日韓交流競走 インタラクションカップ競走」に決定しましたので、お知らせします。
9月1日(日)に、韓国のソウル競馬場で行われた国際交流競走「第21回 SBS ESPN杯 韓日競走馬交流競走」では、日本から優勝したトーセンアーチャー号など3頭が韓国に遠征し、韓国馬と熱戦を繰り広げました。
なお、今回の競走概要は下記のとおりとなっています。

<競走概要>
日韓交流競走 インタラクションカップ競走
1. 開催日 平成25年11月26日(火) 第10競走(20時15分発走予定)
2. 場所 大井競馬場(東京都品川区)
3. 競走名称 日韓交流競走 インタラクションカップ競走
4. 距離 1,200m(右回り)
5. 出走頭数 フルゲート14頭
大井競馬場所属馬11頭、韓国馬3頭(ソウル競馬場所属馬)
6. 負担重量 3歳 56㎏ 4歳以上 57kg
牝馬 2kg減 南半球産3歳馬 1kg減
7. 賞金 1着 1,000万円
8. その他 同競走の実施に伴い、「’13 ロイヤルカップ競走」は実施いたしません。


「第21回 SBS ESPN杯
韓日競走馬交流競走」の様子