文字サイズ変更

Interaction Cup of 2014 by Kate Hunter

news

Ohi Racecourse has been leading the NAR’s charge to internationalize Japan’s often overlooked local racing circuit for years. From its sister track relationship with Santa Anita, established in 1995, to the promotion of the Tokyo Daishoten to an internationally accepted group one event. Last year the TCK and the Korean Racing Association(KRA) launched a new bilateral racing challenge to bring together Japanese and Korean racing. The KRA launched the summertime Asia Challenge Cup while Ohi hosted the first Interaction Cup in the autumn.

大井競馬場は国際化に向け、様々な取り組みを行っています。1995年にはサンタアニタ競馬場と友好提携を結び、2011年には東京大賞典が国際GⅠに格付けされました。昨年には、KRAとTCKがそれぞれソウル競馬場と大井競馬場で交流競走を実施しました。夏にソウル競馬場で行われるアジアチャレンジカップと秋に大井競馬場で行われるインタラクションカップです。


Last year kicked off the series with the Japanese trained Tosen Archer(JPN) winning the Asia Challenge Cup and the Korean trained Watts Village(USA) winning the Interaction Cup. This year’s Asia Challenge Cup has been promoted to an international invitational event, a first for Korea. Horses from all over Asia are now allowed to run, and Singapore trained El Padrino(NZ) claimed the cup this summer.

去年ソウル競馬場で行われたSBS ESPN杯日韓競走馬交流競走(アジアチャレンジカップの前身となる競走)の優勝馬は日本のトーセンアーチャー号。大井競馬場で行われたインタラクションカップの優勝馬は韓国のワッツヴィレッジ号でした。今年、アジアチャレンジカップはシンガポールの競走馬も出走可能になりました。この競走は韓国初の国際招待レースです。今年はシンガポールのエルパドリーノ号がアジアチャレンジカップに勝利しました。


The other day was the second annual Interaction Cup, complete with a week long Korean food festival and concert by Korean pop idol group, Apeace. Three horses came over from Korea for the race hoping to duplicate last year’s results; Here He Comes(USA), Useung Iyagi(KOR) and Parang Juuibo(USA).

先日、第2回のインタラクションカップ競走が行われました。インタラクションカップが行われた開催は、大井競馬場内で韓国料理のお店が立ち並び、日本で活躍する韓流アイドルAPeaceのライブが行われ、大いに盛り上がりました。インタラクションカップにはヒアヒカムズ、ウスンイヤギ、パランジュイボの3頭が韓国から参戦しました。


ヒアヒカムズ号について
Here He Comes(USA) is a four-year-old gelding by Divine Park(USA). He is trained by An Byung Ki; currently Seoul’s second-leading trainer and owned by Woo Tae Yul. The American bred gelding is coming off a 1200m win in Korea on November 9th. He was ridden by Seoul’s leading jockey Moon Seyoung.

ヒアヒカムズ号はディヴァインパークで生産された4歳セン馬です。この馬はソウルリーディング2位のアンビョンギきゅう舎所属で、馬主はウ・テユルさんです。2013年11月9日に1200m戦で勝利しています。
ヒアヒカムズ号には、韓国のリーディングジョッキーであるムン・セヨン騎手が騎乗しました。


ウスンイヤギ号について
Useung Iyagi(KOR) is a four-year-old filly by Sakura Seeking(USA), who raced in Japan. She is trained by Lee Shin Young, who was Korea’s first female trainer after a ten year career as Korea’s winningest female jockey. This filly likes to set the pace, though she has not seen the winners circle since last summer. She was ridden by Ikuyasu Kurakane, a Japanese jockey from Kochi, who is temporarily riding in Korea and currently the 2nd best jockey there.

ウスンイヤギ号は、日本で走っていたサクラシーキング産駒の4歳牝馬です。
この牝馬はイ・シンヨンきゅう舎所属です。イ・シンヨン調教師は、約10年韓国の女性最多勝ジョッキーとして活躍し、その後韓国競馬初の女性調教師になりました。
先行する競馬を得意としていますが、昨年の夏から勝利がありません。この馬には高知競馬から期間限定で韓国で活躍している、ソウルリーディング2位の倉兼育康騎手が騎乗します。


パランジュイボ号の紹介
Parang Juuibo(USA) is a four-year-old colt by With Distinction(USA). The colt is trained by Kim Sun Guin and owned by Chi Dae Sub.
He too likes to take the lead, though it has been over a year since he has been in the winners circle. Kim Okseong, a veteran jockey in his home country, was in the irons.

パランジュイボ号はウィズディスティンクション産駒の4歳牡馬です。この馬はキムスングンきゅう舎所属で、馬主はチ・デソプさんです。この馬はハナを切る競馬を続けていますが、1年以上勝ち星から遠ざかっています。


The three Korean jockeys got to take a spin on the course before the main event in the Friendly Jockey Cup, the 4th race on the card. The results were promising with two of the Korean based jockeys finishing second and third. Kurakane rode the seventh favorite King Sionainn(JPN) to second. Kim rode the favorite Princess Kana(JPN), setting a fast pace. While the filly rallied after fading a little turning for home, they had to settle for third. Kim said, “No one challenged us for the lead. It wasn’t the position we really wanted, but there wasn’t much of a choice. She ran very well but couldn’t beat the winners.” Moon ran 6th on Cloudy Sunny(JPN). His post race comments shed some light on the differences between racing in Korea versus Japan.
Moon said, “Japanese racing is very tight compared to Korea. After the start, we normally continue to go in a straight line while the Japanese runners all rush to move towards the inside rail.”

インタラクションカップ前のTCK&KRAフレンドリージョッキーカップに韓国所属の騎手3名が参戦しました。
倉兼騎手は7番人気のキングシャイン号に騎乗し2着、キム騎手は1番人気のプリンセスカナ号に騎乗し3着でした。
「他に行く馬がいなかったので逃げました。最後まで馬はよく頑張っていたけど、残念です。」とキム騎手。
ムン騎手はクラウディーサニー号に騎乗し6着でした。
ムン騎手はレース後、「韓国ではスタート後しばらくは真っ直ぐ走りますが、日本ではすぐ内ラチへ向かって走る。」とコメントしていました。韓国と日本では騎乗スタイルが違うようです。


Before the main event there was a lovely dinner prepared for the Korean visitors, Japanese connections, and racing authorities. After, Ohi had a special champagne toast to welcome everyone to Japan. The heads of Ohi Racecourse and the Tokyo Owners Association cordially welcomed their guests. The head of the Korean Owners Association, Chi Dae Sub gave a humble and amusing speech to his hosts, hoping for more opportunities to race together in the future. Mr. Chi ended with heartfelt comments in perfect Japanese, “I love Japan, and I love this race.”

レースの前には歓迎会が行われました。特別区競馬組合と東京都馬主会の皆さんが韓国の関係者の方々を歓迎していました。ソウル馬主協会の会長は「日本が好きで、このレースが好きです」とおっしゃっていました。


The victor in this year’s Interaction Cup was favorite Satono Daytona(USA), a Japanese-trained imported son of Tapit, who took the lead in the stretch and held off late challenger Jo Meteor(JPN). The Korean runners, Here He Comes(USA), Parang Juuibo(USA) and Useung Iyagi(KOR) finished ninth, eleventh, and thirteenth respectively.

今年の’14インタラクションカップ優勝馬は1番人気のサトノデートナ号でした。韓国から参戦した3頭はヒアヒカムズ号が9着、パランジュイボ号が11着、ウスンイヤギ号が13着でした。


Moon Seyoung said, “Here He Comes(USA) broke poorly and made some contact in the race. He went a little wide in the turn for home as well. I would like to come back again with one of Korea’s best horses. I think we could win.”

ムン騎手(ヒアヒカムズ号騎乗)のコメント
「スタートがうまく出なかった。来年は韓国トップクラスの馬と一緒に参戦したい。そうすれば勝てると思う。」


Kim Okseong said, “Parang Juuibo(USA) is a front runner so when we were slow at the start, he wasn’t able to run the race the way he wanted. By the end, he had nothing left.”

キム騎手(パランジュイボ号騎乗)のコメント
「逃げたかったけど、スタートが少し遅かった。この馬のレースをできず残念だった。」


Ikuyasu Kurakane said, “Useung Iyagi(KOR) started well but faded badly in the stretch.”

倉兼騎手(ウスンイヤギ騎乗)号のコメント
「スタートは良かったけど、直線でバテてしまった。」


Ohi Racecourse hopes to continue to expand their international efforts in the future, which include eventually promoting the Interaction Cup to an international invitational event like the Asia Challenge Cup.

これからも大井競馬場は、国際化に向け様々な取組を行っていくと思います。きっと将来、インタラクションカップも国際招待レースになることでしょう。

Kate Hunter(ケイト ハンター) 略歴
1983年 米国テネシー州生まれ
1997年 競馬に心惹かれる
1998年 日本に興味がわく
2001年 日本語の勉強を開始
2004年 早稲田大学に留学
2006年 米国インディアナ州アーラム大学日本研究学部卒業
2008年 日本の競馬ジャーナリストとなる
2013年 パカパカファーム入社
現在 パカパカファーム コミュニケーション・マネージャー就任