文字サイズ変更

パペット馬「ジョーイ」がパドックに登場!
リアルな仕草に本物の馬も観客も興味津々!?

news

左:クレッセーノ 中:ジョーイ 右:ボンネビルレコード

左:ジョーイ 右:クレッセーノ

東京シティ競馬(TCK)では本日7月27日(日)に、トニー賞最優秀作品賞、最優秀演出賞など5部門を受賞し、ニューヨーク・タイムズが‘Theatrical magic!’(演劇の魔法!)と評した舞台「WarHorse(ウォー・ホース)~戦火の馬~」の初来日公演(7月30日〈水〉から東急シアターオーブにて公演スタート)を記念し、TCK場内でコラボイベントを実施いたしました。

最終レース終了後のメインイベントでは、「ウォー・ホース」の見どころのひとつでもある、人間が3人で動かす実物大の馬のパペット「ジョーイ」がパドックに登場。 “まるで生きている様”と言わしめる躍動感に溢れる動きをお客様の目の前で披露し、大きな歓声が上がりました。また、共演したボンネビルレコード号をはじめ2頭の誘導馬は、お互いの匂いを嗅ぎ合うとすぐに、警戒心をとき、一緒になって草を食べたり、「ジョーイ」が走り出すとすぐに、その後を追いかけたり、すっかりジョーイの虜になっていました。

ほか、当日の第7レースを「ウォー・ホース来日公演記念」競走として実施したほか、舞台の見どころを紹介するトークイベントなども実施。TCKが「ウォー・ホース」一色に染まる一日となりました。

〈参考〉ボンネビルレコード号(誘導馬)
生年月日 2002年3月12日
生産者 浜本幸雄
血統 [父]アサティス [母]ダイワスタン
通算成績 74戦9勝
主な重賞勝ち鞍 帝王賞、かしわ記念、日本テレビ盃、東京記念、黒潮盃、金盃、サンタアニタトロフィー
2007年の帝王賞(JpnⅠ)制覇のほか、かしわ記念(JpnⅠ)など重賞競走7勝のタイトルを獲得し、長年にわたりダート重賞戦線を盛り上げました。2012年に引退後、2013年6月、かつて自らが制した帝王賞の舞台で誘導馬デビューを果たしました。本年度のTCK広告ではイメージキャラクターの三浦春馬さんと共演を果たすなど、TCKが生んだスターホースとして皆様に愛されています。