重賞レース

第24回 アフター5スター賞(SIII)

  • 2017年8月30日(水)
  • 20:10発走
第23回優勝馬:ルックスザットキル号

短距離戦で持ち味を発揮する快速馬たちが、自慢のスピードで残暑を吹き飛ばす1,200mのスプリント戦。東京盃からJBCスプリントへ続く秋の短距離交流重賞に向け、南関東所属の有力馬が始動する注目のレースです。
<優勝馬にテレ玉杯オーバルスプリントおよび東京盃の優先出走権を付与>

  • 注目馬情報
  • 重賞直前情報
  • レースレポート
  • 歴代優勝馬
  • 高橋華代子の注目馬情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

    <第24回 アフター5スター賞(SIII)>

    ゴーディー
    イナリトウザイをはじめとしたアラブの名馬たちの血を引くサラ系。前走のサンタアニタトロフィーは的場文男騎手とのコンビで逃げ切り勝ちを収め、自身が持つタイトルを5年ぶりに奪取しました。大井生え抜き馬で、9歳になった今も多くの感動を与えています。

    スアデラ
    2歳3歳と素質の高さで距離もこなしてきましたが、再び短距離戦に転向し、適性の高さを存分に発揮しています。前走の習志野きらっとスプリントはスピードあふれる走りで快勝し、自身にとっても管理する佐藤裕太厩舎にとっても悲願のタイトルを手にしました。

    バンドオンザラン
    北海道では門別1200mの栄冠賞とイノセントカップを優勝。南関東に移籍後は距離を伸ばした時期もありましたが、短距離戦に再びシフト。前走の優駿スプリントは持ち前のスピードを生かして2番手からの差し切り勝ち。今回は3歳馬が古馬に挑戦します!!!

    サブノジュニア
    大井生え抜き馬で、母も大井出身のサブノイナズマ。大井1200mを一貫して走り素晴らしい成績を収めてきましたが、優駿スプリントはスタートで遅れ終始スムーズさに欠く内容で惜しくも2着。この悔しさを晴らすべく、バンドオンザランとの3歳馬対決も見所。

    アピア
    3年前の優駿スプリントの勝ち馬。中央へ移籍したものの、現在は南関東に戻り、同じ1200mを舞台に目下連勝中です。茨城県のミッドウェイファームでトレーニングを積んでいる藤田輝信厩舎の外厩馬。再び挑戦する重賞の舞台で、どんな走りを見せるでしょうか?!

  • 高橋華代子の重賞直前情報

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 高橋華代子のレースレポート

    南関東競馬リポーター たかはしかよこ ブログ南関魂などを更新中

  • 回数 施行年 馬名 性・年齢 騎手
    23 平28 ルックスザットキル 牡4 早田 功駿
    22 27 ジョーメテオ 牡9 坂井 英光
    21 26 サトノタイガー 牡6 吉原 寛人
    20 25 ハードデイズナイト 牝3 山崎 誠士
    19 24 ジーエスライカー 牡5 坂井 英光
    18 23 タカオセンチュリー 牡8 柏木 健宏
    17 22 ヤサカファイン 牡4 石崎 駿
    16 21 ケイアイジンジン 牡3 的場 文男
    15 20 ディープサマー 牡6 川島 正太郎
    14 19 ベルモントサンダー 牡6 石崎  駿
    13 18 コアレスタイム 牡8 内田 博幸
    12 17 ロッキーアピール 牡7 今野 忠成
    11 16 ハタノアドニス 牡8 早田 秀治
    10 15 ハタノアドニス 牡7 内田 博幸
    9 14 キングリファール 牡5 佐藤  隆
    8 13 スピーディドゥ 牡5 内田 博幸
    7 12 ゴールドヘッド 牡5 的場 文男
    6 11 イナリコンコルド 牡4 内田 博幸
    5 10 サントス 牡5 鈴木 啓之
    4 9 サプライズパワー 牡3 石崎 隆之
    3 8 スペクタクル 牡5 内田 博幸
    2 7 ツキフクオー 牡3 森下  博
    1 6 ツキノイチバン 牡5 佐々木竹見