文字サイズ変更

斎藤工さんがTCKに来場!
自身が監督したTCKスペシャル・ムービーを初披露!

news

東京シティ競馬(以下、TCK)は、本日6月29日(水)に、平成28年度のTCKイメージキャラクターを務める俳優の斎藤工さんをお迎えし、トークショーを開催いたしました。また、WEB限定公開スペシャルムービー(監督・齊藤さん)の本編公開に先駆け、予告編を初披露いたしました。

ダート部門の実力馬たちが全国各地から集う上半期の重賞レース「帝王賞」。約2万人のファンが大井競馬場に駆けつけ、黄色い歓声があがる中、斎藤さんが登場しました。

トークショーでは、WEB限定公開のスペシャルムービー「Backstage」で監督を務め、役者から監督に立場が変わったことについて、「以前イベントで馬車に乗ってバックヤードを見た時に、馬と生活している人々がいて、レースとは真逆な光と影の部分に衝撃を受けました。朝2時から現場に入り、大井競馬場のバックヤードで起きている日常生活を映像にしました」(齊藤さん)、と、監督ならではの苦労話を語りました。

その後、本編公開に先駆けて予告篇をTCKの場内で初披露。「TCKの裏方として働いている方(厩務員や調教師)の姿、競走馬の表情、馬と触れ合っている剛力彩芽さんの姿、そういったもの一つ一つに、本当に感動しました。短い作品なので、タブレッドなどで気軽に僕の味わった感動を、皆さんにもご覧いただきたいです。」(齊藤さん)と、改めて監督を務めたスぺシャルムービーについて感想を述べました。

そして、本日のメインレース「帝王賞」について、「大井競馬場の裏側を見たことで、馬券の購入する際にカンで賭けるのではなく、熱い思いを持って馬券を買うようになりました。」(齊藤さん)、と語りました。

さらに、本日のメインレースである「帝王賞」の表彰式プレゼンターとしても登場。今年の7月31日(日)に行われる「トゥインクルレース」30周年イベントで斎藤さんと剛力さんが来場し、30周年に向けますますTCKが盛り上がりを見せます。

斎藤工さんは、映画監督などの監督業を行う際は、苗字を「齊藤」として表記しております。
ご注意くださいますようお願い申し上げます。

■2016年度TCKイメージキャラクター特設サイトURL(スペシャルムービーもご覧いただけます。)
http://www.tokyocitykeiba.com/special_page/tck_character2016/special.php