1. TCKガイド
  2.  > How to KEIBA!
  3.  > 基礎知識

How to KEIBA!

基礎知識

まずは競馬の基礎から知ってみよう!

枠順と帽色

TCKでは8枠制を採用しています。出走馬は色分けされた8つの枠に分けられ、騎手の帽子の色もこの枠と同じ色になっています。また帽子につけられた数字は馬番号を示しています。それぞれの出走馬は馬番号の小さい順に1枠から8枠に分かれます。出走頭数が9頭以上の場合は、外枠の8枠から順にひとつの枠に2頭ずつ入ります。

ゼッケン

競走馬は走るとき、鞍の下にゼッケンをつけて走ります。一般レースは、白地に黒文字の馬番号と馬名とレース番号が入ります。準重賞では、紺地に白文字の馬番号と馬名とレース番号が入ります。重賞競走は、片側に馬番号と競走名、反対側に馬番号と馬名とレース番号入りの特別なゼッケンを使用します。

騎手服の色と柄

勝負服とは、騎手がレースで着用するコスチュームのことです。TCKでは、騎手自身が12種類のデザインと、赤、桃、黄、緑、青、紫、茶、ねずみ、黒、白の10色の中から3色までを使い、色々な組み合わせを考えて決めます。騎乗する馬が変わっても騎手は常に同じ勝負服でレースに挑みます。

大井競馬場のコース

TCKのコースはダートコースです。平成2年、開設以来40年ぶりに下層地盤をそれまでの赤土から砕石に改良し、その上に榛名ダストを15cm、さらにその上にクッション砂として青森県の六カ所村から運んだ海砂を8cm敷くなど競走馬の脚部への衝撃を緩和するため、常に良好な馬場の維持に努めています。また馬場斜度を設け、水捌けを改善するとともに、コーナー内側の斜度を3.0%にすることで、コーナリングの改善を図っています。

平成26年12月から平成27年10月完了予定で、クッション砂の産地を青森県の六カ所村から青森県東通村尻労に変更して随時入れ替え作業を行っております。

大井競馬場レコードタイム

距離(m) 生年日 タイム 馬名 姓年 重量 騎手
1,000 51.12.3 58.9 ジョーンズシヤダイ 牡2 53 山口 勲
1,200 55.9.18 1:10.2 カオルダケ 牝5 51 赤嶺 本浩
1,400 52.8.30 1:23.8 アガリスピード 牡3 53 赤間 清松
内1,500 55.6.14 1:31.5 キクマツオー 牝4 53 佐々木 竹見
内1,600 平.18.4.12 1:37.2 アジュディミツオー 牡5 57 内田 博幸
1,700 52.7.12 1:43.2 ムツヒカリ 牡5 52 赤嶺 本浩
1,800 55.6.11 1:49.9 カツアール 牡4 56 高橋 三郎
2,000 平.22.12.29 2:00.4 スマートファルコン 牡5 57 武 豊
2,400 52.11.4 2:29.7 グッドボーイ 牡3 57 高橋 三郎
2,600 52.5.27 2:42.8 アグネスチカラ 牡5 54 高柳 恒男

格付け(クラス分け)について

TCK(南関東4競馬場)は、競走馬の馬齢・番組賞金によって格付(クラス分け)をしています。その方法を順番にご説明します。

1.「番組賞金」の算定

TCK(南関東4競馬場)では、「番組賞金」により、格付をしています。「番組賞金」とは、1着から5着までの着内賞金の合計です。なお、着内賞金の合計は、原則として、格付の対象となる開催の前々開催(南関東4競馬場の開催日程を基準)までに収得したものです。
また、重賞競走、中央競馬での競走及び2、3歳馬の競走等は、別途、算定方法があります。〈表1〉

2.格付の基準

格は「A1」~「C3」まで8クラスあり、上半期(1月~6月)と下半期(7月~12月)にそれぞれ、番組賞金による格付基準があります。〈表2・3〉

3.格付の時期

格付は〈表4〉のように3歳の2月から始まります。
また、2歳馬や、格付の基準に達していない3、4歳馬は格付されず、一定の番組賞金額毎にグループ分けされます。南関東4競馬場では、このようにして格付をし、各クラスの競走に出走馬を編成します。

4.「組」について

各競走に出走予定馬を編成する際に、各クラスを競走毎に一組・二組・三組というようにグループに分けます。(主に馬齢と番組賞金を考慮しグループに分けます)。これを「組」と言います。出走表などにB1(一)、C1(二)というように、漢数字で表示されています。

5.格付の例

8月に、番組賞金が290万円ある4歳馬を例に格付を追って見てみましょう。〈表3〉(ア)を見るとこの馬は、「C3」に格付されています。

1.その後、同馬が9月に1着賞金80万円の「C3」クラスのレースで1着。番組賞金は、「290万円+80万円=370万円」となり、〈表3〉(イ)「C2」へ昇格します。

2.その後、同馬が、10月に1着賞金100万円「C2」クラスのレース、11月に1着賞金170万円「C2」クラスの特別レースで連勝。この馬の番組賞金は「370万円+100万円+170万円=640万円」となり、〈表3〉(ウ)のとおり「C1」クラスへ昇格します。

3.その後、この馬はレースに出走せずに年が明けて5歳馬となります。番組賞金は「640万円」のままですが、〈表2〉の5歳馬の「C1」クラスに必要な番組賞金800万円に達していないため、1月から(エ)「C2」に降格します。

6.その他

また、TCKでは、一部の特別競走において希望する競走に出走することができます(特別競走登録制度)。
この制度により、馬の適正にあった距離の特別競走に出走することや、素質のある馬が格上の競走に挑戦することが可能になっています。

オッズプリンタ

オッズプリンタが新しくなりました!新しいオッズプリンタでは、オッズカードではなくプリントチケット(1日利用券)を使用します。オッズカードは1回のご利用で10円でしたが、プリントチケットは1枚100円で、当日に限り何回でもご利用になれます。プリントチケットは各投票所の窓口等でも販売しています。多彩なオッズ情報に加えて、払戻金の情報も取得できます。

<操作手順>
①タッチ操作でほしい情報を選びます。
②プリントチケットのQRコードをリーダーにかざします。