Café Americano

Café Americano vol.28

第28回 史上2頭目の無敗の3冠馬が誕生!米国3冠競走回顧&新プロジェクト☆

夢にも思わなかった歴史の1ページに

 2005年、日本でディープインパクトが3冠に王手をかけた菊花賞前、いつもチャンピオンではなくシルバーコレクターを応援したくなる私は思いました。「ルドルフじゃあるまいし、無敗で3冠できる馬なんてそうそういないよ。身体も小さいし」。そして、ロケットスタートを決めてしまったディープは、道中少しひっかかりながら、最後はきっちり差して無敗の3冠馬として歴史に名を残すことになりました。無論、馬券はハズレました。

 2008年に渡米してはや10年。数々の2冠馬が3冠に王手をかけ、ベルモントSで跳ね返される光景を目にしてきました。
 まず、2008年のビッグブラウン。3冠がかかったレースでまさか競走中止するとは夢にも思いませんでした。
 2012年のアイルハヴアナザーは出走取消。
 2014年のカリフォルニアクロームは、レース中にケガをして3冠の夢は潰え、オーナーの悪態が全米に報道されて後味の悪い幕引きとなりました。
 2015年は、ご存知の通り第12代米国3冠馬・アメリカンフェイローの出現。3冠の圧勝のみならずブリーダーズカップ・クラシックまで優勝してグランドスラム達成。
 「これからの人生、アメリカはローテもキツイし、そうそう3冠馬など出ないだろうな」と思っていたら、もう出てしまいました(笑)しかも無敗のおまけ付きで。
 2018年、米国競馬史上無敗の3冠馬・ジャスティファイ(Justify)。

ジャスティファイ(Justify)

 まずは、尊敬の念を込めて、それぞれの3冠競走をあらためてご覧ください。後世に語り告げるものがまた増えました。

1冠目ケンタッキーダービー
2018年5月5日
2冠目プリークネスステークス
2018年5月19日
3冠目ベルモントステークス
2018年6月9日

 我々米国在住の日本人競馬ファン・関係者にとって、主に目が行くのは日本と米国の競馬なわけですが、両国で無敗の3冠馬を目にする機会を得た私たちは、関係者・ファンに関わらず競馬にかかわる者として、とても幸運だなと思います。ましてや早熟性の強い米国サラブレッドにおいて、3歳デビューの3冠馬は史上初。できれば、このままキャリアに傷をつけずに引退してほしいと思います。

 米国競馬は、これから夏に向けて動きが変わっていきます。西海岸においては、サンタアニタは6月末で開催が終了し、2週間ほどメインサーキットがロスアラミートス競馬場に移ります。その後は7月18日からデルマー競馬場での開催が始まり(サンタアニタからデルマーへ向かって、馬の大移動があります)、終了は9月3日。その後はサンタアニタでまたブリーダーズカップ開催週まで開催があり、11月はまたデルマーという流れです。11月は滞在競馬ではないので、大移動はありません。片道110マイル、往復で220マイル(約350キロ)ありますから、移動だけでも大変ですし・・・。

TCK・新プロジェクト発動

 皆様既にお聞き及びのことかと存じますが、大井競馬場=サンタアニタ競馬場間における、長年の友好提携が結実し、TCK所属馬のサンタアニタダービーへの出走枠が与えられる他、東京都馬主会の馬主様がサンタアニタ競馬場の調教師に、所有馬を預託できるステーブルプログラムが発動しました。特に後者については、既にFasig-Tipton Midlantic Saleにて、上場番号10番の牝馬を購買しております。サンタアニタ到着直後は動きも少しカタいように見えましたが、この1ヶ月弱でかなり良化しています。

購買した牝馬のウォーキングの様子

 馬の調教について、焦っていいことは一つもありません。まず身体をしっかり作り、競馬場の雰囲気(馬の数や調教のスピードの違いなど)に慣れて、無事にレースを迎えることが一番です。トレーニングセール出身馬で早々に9月頃のG1を勝つような馬もいますが、その後はパッとせずあっという間に引退するケースも散見されます。何よりも「無事是名馬」です。

 大成長したらどんな未来が描けることでしょう。米国競馬のみならず、日本競馬へも逆輸入してTCKで走る日が来るかもしれません。そんなことを目標にして、プロジェクトは進行していきます。

筆者:沼本光生
1980年東京生まれ。U.S. Equine, Inc., Sales & Operations Manager
U.S. Equineのホームページはこちら
ついに切り札ともいえるプロジェクトが発足。東京都馬主会所属馬主様の所有馬の逆輸入(東京大賞典遠征その他)はもちろんのこと、プレスリリースされている通り、TCK所属調教師・騎手・厩務員が、所属馬を使ってより実践的な研修を行なうことができるようになります。
またサンタアニタダービーや東京シティカップへの挑戦というのも魅力的な事業です。時期的に難しいところもありますが、来年以降は是非日本のTCKファンの方々にもお越し頂いて、本場のRoad to Kentucky Derbyを体験していただきたいと思います。